2014年08月26日14時00分

カシオの渾身の変形合体カメラ『EXILIM EX-FR10』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

『EXILIM EX-FR10』
●カシオ
●予想実売価格 5万円前後
9月後半発売予定

EX-FR10

 まずは下の画像をご覧いただきたい!

EX-FR10

 カパッ!

 なんとカメラ部とコントローラー部が分離できるコンパクトデジカメ。

EX-FR10

 上の写真向かって左側がカメラ部、右側がコントローラー部となる。

 一体型のときはレンズ下に液晶がくる構図となり、自分撮りがしやすい設計だ。

EX-FR10

 カメラ部には、有効1400万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用。広角21ミリの単焦点でF2.8と明るい。デザインだけを見て、「オモチャみたいなんじゃないのー」と侮るなかれ! レンズ部には強化カバーガラスを採用、防水IPX7+IPX6、防じんIP6X、2メートルの耐衝撃性を備えるタフネスモデルでもある。周囲にシャッターを備え、このカメラ部のみでも撮影が可能。

 一方、コントローラー部。こちらも同等の防水・防じん、耐衝撃性を備える。カメラ部との通信はBluetoothで行なうため、カメラ部と離してシャッター操作が可能。そして液晶は2インチ(320×240ドット)と小さ目だがタッチパネルに対応。液晶画面は強化ガラスながら水滴がついても操作できるというアウトドア仕様だ。

 

 

EX-FR10

 カメラ部の下には、コントローラー部にさしこむことでユニットとしても機能するステンレス材の“メタル・インジェクション・モールディング”を採用。板金ではできないゆるやかな傾斜形状、樹脂ではできない強度を実現。ユニット部はグイッと角度が調整できるため、臨時のスタンドとしても活用できそう。

EX-FR10

 カラーはオレンジのほか、グリーンとホワイトもラインアップ。

EX-FR10 EX-FR10
EX-FR10 EX-FR10

 また、各種アクセサリーも展開予定。

EX-FR10

 撮影機能には、自然観察のほか、旅行時につけっぱなしで楽しめるインターバル撮影機能のほか、撮った画像を1枚の写真やムービーにしてくれる機能を新搭載。

 日付とレイアウトを選ぶだけで、電子アルバムふうに作成してくれる。できたデータはJPEGで、撮ったその場でアルバムふうにして即渡す、といった楽しみか方もできる。もちろん、WiFiも搭載し専用アプリ(Android、iOS)でリモート撮影、画像の閲覧、SNSへのアップも可能。

 1995年に登場した名機『QV-10』から20年目の節目に出す、カシオ渾身の新モデル。“10”を継ぐモノとして、期待できる逸品だ。

●おもなスペック
有効画素数 1400万画素
撮像素子 1/2.3インチ裏面照射型CMOSセンサー
レンズ 35ミリ換算21ミリ単焦点、F2.8
防水/防じん IPX7/IP6X
耐衝撃 2メートル落下
液晶 2インチ(320×240ドット、200dpi)
メディア マイクロSDカード
電池寿命 約255枚撮影
通信機能 WiFi、Bluetooth2.1+EDR
 

●関連リンク
カシオ(デジタルカメラ)

Kindle版はこちら
週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらの表紙をクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!