2014年08月19日14時15分

ソニーが0.07秒の高速AFを実現したエントリーミラーレスを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
20140819_sony

 ソニーが重量224グラムと軽量なAPS-C撮像素子搭載ミラーレス一眼『α5100』を9月5日より発売開始する。予想実売価格はボディーのみが5万5000円前後、16-50mmのパワーズームキットが7万円前後、16-50mm+55-210mmのダブルズームキットが9万円前後。

 APS-C搭載のエントリーモデルでありながら、中級機の『α6000』と同等のAF性能で、画面のほぼ全域をカバーできる179点像面位相差AFセンサーを搭載。AF速度も0.07秒と高速でシャッターチャンスを逃さない。

 ディスプレーは180度上下可動に対応しており、自分撮りがラク。さらに、シャッターのみ液晶のタッチで行なえるので、画面を見ながら好きなところにフォーカスを合わせて撮影できる。

 画像処理エンジンは、上級機『α7』と同じ“BIONZ X”を採用。リアリティーのある高画質な写真が撮れる。

■おもなスペック
撮像素子 Exmor CMOS(APS-C)
有効画素数 約2430万素
ISO感度 100~25600
AF性能 像面位相差179点
動画記録方式 XAVC S、AVCHD、MP4
ディスプレー 3インチ(約92万ドット、シャッター操作のみタッチ対応)
通信機能 WiFi、NFC
サイズ/重量 109.6(W)×35.7(D)×62.8(H)mm/224g(本体のみ)

■関連サイト
ソニー(製品ページ)

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!