2014年08月25日09時45分

iPhoneで撮影した写真が曲がってしまう、という人は、グリッドを表示しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iPhoneの「カメラ」アプリで建物を撮影するときなど、あとで写真を見たら斜めになっていた、ということはよくあります。もちろん、編集で修正することは可能ですが、面倒です。はじめからきちんと撮影できれば、それに越したことはありません。

 iPhoneの「カメラ」には「グリッド」機能が備わっており、水平/垂直のラインを見ながらそれに合わせて撮影可能です。慣れるまでランが若干気になりますが、被写体をきちんととらえられるので便利です。「設定」アプリの「写真とカメラ」でオンにしましょう。

1:「写真とカメラ」を開く 2:「グリッド」をオンに
20140822_arai_grid 20140822_arai_grid
「設定」アプリを起動したら、[写真とカメラ]をタップして開きます [グリッド]をタップしてボタンが緑色になればOKです
グリッドが表示される
20140822_arai_grid
「カメラ」アプリを起動して撮影する際、水平/垂直のライン(グリッド)が表示されます

 また、ここで紹介しているカメラのグリッド表示以外にも、iPhoneに関するさまざまな活用のTipsを集めた「iPhone 活用の手引き iPhone 5s/5c対応 iOS 7版」が発売中です。メールや電話の知られざる便利機能から、カメラの撮影術、iPhoneの安全対策、トラブルの解決法までを288ページに凝縮。ポケットサイズなので、いつでもどこへでもiPhoneといっしょに持ち運べます。これからiPhoneを使う人も、もっと使いこなしたいという人も、是非お買い求めください。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!