2014年08月11日21時00分

散らかりまくったデスクトップをすっきり整理する2大アプリ|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Clean

『Clean』
バージョン:1.0.2
価格:無料
(バージョンと価格は記事作成時のものです)
(c)Vojto Rinik

AppStore アプリをダウンロード

 みなさん、こんばんは。MacPeople/週刊アスキー編集部を絶賛兼務中の吉田でございます。今回紹介するアプリは「Clean」と「HiddenMe」。それぞれ異なる方法で、デスクトップ上に散らかったファイルやフォルダーを整理してくれます。

Clean

 まずは「Clean」ですが、起動するとファイル/フォルダーの整理を実行するかどうかを選ぶ画面が現れます。ここで「Clean Now」をクリックすれば、ファイルなど「ホーム」→「書類」フォルダー内に移されます。

Clean

 フォルダー分けする条件は「Settings」タブで指定できます。具体的には、「書類」(Documents)フォルダー内に作成するフォルダー名、そのフォルダー内のサブフォルダーに入れるファイルの条件、ファイルを整理整頓する頻度を指定可能です。サブフォルダーに入れる条件としては、日ごと、週ごとのほか、サブフォルダーに分けない設定も選べます。

Clean

 フォルダー分けを実行すると自動的にフォルダーが作られて、各種ファイルが移されます。

Clean Clean

 散らかっていたファイルが消え、デスクトップ上はハードディスクなどのボリュームアイコンのみになります。ボリュームアイコンなどの表示をオフにしている場合は、デスクトップ上には何も残りません。


『HiddenMe』
バージョン:1.0.7
価格:無料
(バージョンと価格は記事作成時のものです)
(c)Mojtaba Komeili

AppStore アプリをダウンロード

Clean

 もう1つのアプリである「HiddenMe」は、何も考えずにデスクトップをキレイにできるのが特徴です。起動すると、メニューバーに専用メニューが加わるので、ここから「Hide Desktop Icons」を選びましょう。

Clean Clean

 すると、デスクトップ上のアイコンがハードディスクなどのボリュームアイコンを含めてすべて消えます。同じメニューから「Show Desktop Icons」を選べば、もとのようにアイコンが表示されます。

 すでにおわかりかと思いますが、こちらのアプリはデスクトップ上のアイコンを一時的に隠しているだけです。とはいえ、画面のスクリーンショットを撮りたいときなどはデスクトップをすぐに片付けられて便利ですよ。


 MacPeople 9月号(7月29日発売)の特集ラインアップは、1.4GHzの低価格iMacレビュー、Photoshopで始めるiOSアプリ開発入門、iTunes Match徹底解剖、アプリ開発者のアイデア発想術を掲載しています。電子版なら気になるキーワードで検索ができるほか、定期購読は紙よりも安くてお得ですよ!

MacPeople9月号は夏のモバイル大特集
MacPeople2014年9月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円で読めます

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!