2014年08月10日16時00分

iPhone6は2.0GHzのApple A8搭載?Apple噂まとめ(8/3〜8/9)|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 国内外の噂系サイトで8月3日から8月9日までに出回った内容をまとめました。先週はiPhone6の詳細なスペックが明らかになりました。採用するプロセッサーはApple A8で、クロック周波数は2.0GHzになるそうです。5.5インチモデルは4.7インチモデルよりも高速なプロセッサーになるとの噂もあります。なお、Apple A8の最高クロックは2.6GHzでで、iPad Airに採用されるそうです。

 衝撃だったのは、iPhone6の内部構造のレンダリング画像が公開されたうえに、その3Dデータが100ドルで販売されていること。リークした情報を基に制作されたものですが、3Dプリンターの普及とともに情報の売り方も変わってきましたね。

8/4 中国の金属研磨工場の事故余波でiPhone6の製造が遅延か
EMSOneによると、中国江蘇省昆山市の金属加工工場で8月2日に発生した爆発事故によって、iPhone6の製造スケジュールに影響が出るかもしれないとのこと。この事故では、71人が死亡、186人が重軽傷を負っています。地元の昆山市が、爆発した工場以外の金属の研磨作業を行っている工場約40社に操業を一時停止して自主的に検査をするよう通知したそうです。この40社の中に台湾フォックスコン社の昆山工場が含まれているのが噂の根拠のようです。中国のネットメディア「騰訊科技」の情報です。

8/4 iPhone6はタッチパネルとボディーの歩留まりが悪い
EMSOneによると、iPhone6が搭載するインセル型のタッチパネルとボディーの製品歩留まりが悪く、発売が遅れる可能性があるとのこと。確か昨年も同じような噂が出てたような気が……。

8/5 サファイアガラスの量産体制が整う
Slash Gearによると、Appleのパートナー会社でサファイヤガラスの製造を請け負っている米GTアドバンスド・テクノロジーが公表した2014年4〜6月期の財務報告書に、約88億円でアリゾナ州に工場を設けることが記載されていたそうです。敷地面積は13ヘクタールとのこと。Appleは同社に対して、142億円の前払い金を払う予定だそうです。

8/5 iOS8 beta5がリリース
9 to 5 Macによると、iOS8 Beta5が公開されたそうです。iCloudのアイコンデザイン、キーボードの予測変換機能のオン/オフなどインターフェースの変更が主なようです。

8/5 12インチ版iPadの発売は2015年か
EMSOneによると、12.9インチのiPad(iPad Pro)は年内には発売されないとのこと。調査会社である台湾TRI(Topology Research Institute)社のリポートです。同社の分析によると、これまで12.9インチのiPadがリリースされなかったのは、MacBook Airの存在が原因だったそうです。しかし、Appleが米IBM社のとの提携を発表したことで、今後はビジネス用途でタブレットの需要が高まり、MacBook Airと棲み分けできると考えているようです。

8/5 Appleがナイキのソーシャルメディア担当を雇用
9 to 5 Macによると、Appleは米ナイキ社でソーシャルメディア担当のシニアディレクターを務めていたムサ・ターリク氏を雇用したそうです。同氏はAppleで、小売り部門のマーケティングディレクターに就任するとのこと。同氏は以前、英バーバリー社で現Appleの小売り部門のバイスプレジデントであるアンジェラ・アーレンツ氏のもとで働いていたという経歴の持ち主です。

8/5 OS X Yosemite DP5をリリース
9 to 5 Macによると、AppleはOS X YosemiteのDeveloper Preview 5をリリースしたとのこと。主な変更点は、「計算機」アプリのUI透過度がより薄くなったほか、Finderのプログレスウィンドウの角が丸くなっているなど、UIの変更が主なようです。

8/5 iPad mini Retinaの2014年の出荷台数は700万台超
EMSOneによると、台湾コンパル・エレクトロニクス社が製造したiPad mini Retnaの台数は2014年通期で700万台超になるとのこと。

8/5 5.5インチiPhone6のプロセッサーは4.7インチより高速
Phone Arenaによると、5.5インチiPhone6に採用されるプロセッサーは、4.7インチモデルよりも高速なものになるそうです。iPhone6に搭載されると言われているApple A8チップは最大で2.6GHzで動作するそうですが、最高のクロック周波数で動作するのはiPad Airのみとのこと。個人的な予想ですが、iPhone6は2.0GHz前後になるのではないかと。それでも、iPhone5sは1.3GHz動作のApple A7ですから速度が大幅にアップするのは間違いないですね。

8/6 AppleがインテルCPUを放棄か
EMSOneによると、Appleは米インテル社のプロセッサーをMacに採用することを取りやめ、ARMアーキテクチャーの自社開発のプロセッサーに切り替えるとのこと。米国の経済関連のニュースサイトのコラムで、元Apple幹部でその後に米Be社を創業したジャン=ルイ・ガセー氏が語ったようです。切り替えの理由として、インテルチップの価格の高さや消費電力量の多さがあるそうです。この噂は、Apple A7プロセッサーが64ビット化したころから流れていましたが、いつ切り替えが発生してもおかしくはないでしょう。Mac ProやMacBook Pro Retinaなどのハイエンドマシンを除くと、Core iシリーズの低クロックのプロセッサーを採用しているのが現状ですし、先日リリースされた1.4GHz駆動の低価格iMacなどを見てもAppleがやりたいことがなんとなく見えてきますよね。

8/6 iPhone6のレンダリング画像が公開される
気になる、記になる…」によると、iPhone6のレンダリング画像が公開されているとのこと。外観だけでなく、内部の基板やバッテリーなども画像として起こされているそうです。さらに、3ds Max用の3Dデータとして販売されており、3Dプリンターよりモックアップの作成も可能になっているとのこと。

8/6 iPhone6は9月9日発表でほぼ確定
ブルームバーグによると、AppleはiPhone6を9月9日に開催するプレスイベントで発表するそうです。いろいろな日程が言われてきましたが、完全に規定路線ですね。

8/7 iPadシリーズの発売が遅れる?
EMSOneによると、iPad用のタッチパネルを製造している台湾TPK社やバックライトモジュールを製造している台湾ラディアント社の7月の業績が平凡なものになったそうです。これはiPadの部品を納品していないことを示すことから、次期iPadの量産が遅れているのではないかと見られています。台湾の経済紙「工商時報」の情報です。

8/7 中国政府がiPadやMacBookを排除
EMSOneによると、中国政府が調達するPC機器からiPadやMacBookが排除されているとのこと。理由は、セキュリティー上の問題だそうです。米モルガン・スタンレー社によると、この決定がAppleの業績に与える影響は軽微とのこと。そもそも中国政府内で使われているMacは少ないうえ、iPadは主にコンシューマー市場で売れていることを根拠のようです。台湾紙「聯合報」の情報です。なお、中国政府はこの報道を否定しています。

8/7 iPhone6のApple A8は2.0GHz動作か
VentureBeatによると、iPhone6の詳しいハードウェア仕様が判明したとのこと。液晶サイズは4.7/5.5インチの2種類、カバーガラスはサファイヤガラスではないが現行のゴリラガラスより硬度が高いものに変わるそうです。プロセッサーはApple A8で、クロック周波数は2.0GHzになるとのこと。さらに、IEEE802.11ac、NFC、LTE-Advancedなどをサポートするようです。そのほか、Touch IDの精度が改良されるそうです。ほかの噂で、5.5インチiPhone6のプロセッサーは、4.7インチモデルよりも高速になると言われているので、2.2GHzあたりを積んでくるのかも。

8/7 Appleがイヴ・サンローランの元欧州地区担当社長を雇用
9 to 5 Macによると、Appleは、イヴ・サンローランの欧州地区担当社長であり、リテールの責任者だったキャサリン・モニヤー氏を雇用したそうです。イヴ・サンローランの元CEOであるポール・ドヌーヴ氏も雇用しており、モニヤー氏はドヌーヴ氏のもとで働くようです。

8/7 iPhone6のバッテリー容量は2100mAhにアップか
リンゲルブルーメンによると、iPhone6のバッテリー容量は当初の1800mAhではなく2100mAhになるそうです。中国のWeiboがソース元のようです。ちなみにiPhone 5sのバッテリー容量は1570mAhなので、いずれにしろ容量アップは間違いないでしょう。

8/8 iPhone6はiPad mini Retinaのような極細ベセルに
MacWorld UKによると、iPhone6の液晶面はiPad mini Retinaのようにベゼルがかなり細いデザインになるそうです。

8/8 iPhone6背面のAppleマークがリキッドメタルに
MacRumorsによると、iPhone6のパーツが新たに流出したとのこと。音量調整ボタンは、iPad Airのようにボタン部があまり飛び出さないデザインになっているそうです。また、背面パネルのAppleマークの部分はくり抜かれていますが、マークの部分には非常にキズ付きにくい金属が使われるそうです。まったく根拠はないものの、アップルが独占使用権を取得しているリキッドメタルが採用されるのではないかと予想しています。そのほか、iSight(背面)カメラのリングは直径6.66mmで、カメラ部分はiPod touchのように飛び出しているようなデザインとのこと。

8/8 OS X Mavericks 10.9.5を開発者に配布
9 to 5 Macによると、Appleは開発者向けにOS X Mavericks 10.9.5をリリースしたとのこと。ビルド番号は13F12です。フォーカスエリアは、USB/USB Smart Cards/グラフィックス/Safari/Thunderboltとなっています。

8/8 iWatchは9月に発売される?
Business Insiderによると、iWatchは9月に発表されるとのこと。iWatchの発売は10月かそれ以降になるとの見方が大勢を占めていますが、iOS8に搭載される「Health」アプリなどとの連携をアピールするなら、iPhone6と一緒に発表というのは十分に考えれます。もしくは、「我々はこういうものを開発中です」という流れで披露するのかも。iPhoneやMacBook Pro Retinaは発表前にスニークプレビューというかたちで、コンセプトを発表した例がありますしね。


 MacPeople 9月号(7月29日発売)の特集ラインアップは、1.4GHzの低価格iMacレビュー、Photoshopで始めるiOSアプリ開発入門、iTunes Match徹底解剖、アプリ開発者のアイデア発想術を掲載しています。電子版なら気になるキーワードで検索ができるほか。電子版は紙よりも安くてお得ですよ!

MacPeople9月号は夏のモバイル大特集
MacPeople2014年9月号
Amazonで購入は表紙をクリック

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!