2014年08月07日15時00分

環境に優しいクローバー緑化基地局をドコモが関西地方計16ヵ所で展開

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ドコモ関西支社は、同社の管轄する基地局の敷地内における環境対策について発表しました。

ドコモ関西 基地局 緑化

 今回発表された環境対策は敷地内の防草シート(雑草の成長を抑えるもの)施行スペースにクローバーを植えるというもの。ひとつの基地局あたりの実施面積は200平方メートル。同社によると、クローバーは表面温度を約15度下げる効果があり、さらに二酸化炭素の削減、防草シートに上乗せした防草効果が期待できるとしています。

ドコモ関西 基地局 緑化

 同様の対策は2013年度に大阪府、滋賀、奈良県内の計6ヵ所で対策済み、2014年8月中に京都府、滋賀、兵庫、和歌山県などの合計16ヵ所に実施されます。

 また、今後の展開として2015年度までに約60ヵ所、寒暖の差や水不足に対しても強い植物『イワダレソウ』の採用についても検討するとしています。

ドコモ関西 基地局 緑化

 ユーザーにとって普段明確に意識しないで使っている基地局に、このような対策が1ヵ所でも多く進むことで、わずかながらも環境保全に役立つと言えます。ぜひ、関西圏だけでなく関東圏を含め日本全国に広まって欲しいですね。

●関連サイト
ドコモ 地域別情報(関西)ページ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking