2014年08月05日11時30分

SIMフリー版iPhoneって本当にお得なのか比べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

キャンペーンや割り引きがポイント
 先日発売されたSIMフリー版のiPhoneやiPad。キャンペーンなどを利用しないで通常価格で購入した場合、SIMフリー版と格安SIMの組み合わせのほうが、キャリアで購入したものよりも、2年間のトータルでみると安くなる。ただし、現状では街のショップで購入すると各種キャンペーンやキャッシュバック、端末代の大幅な割り引きなどがあり、キャリア版のほうが安くなるケースが多くなる。
 さらに、キャリア版のほうが、通話定額や利用できるデータ量も多く、大手キャリアと同じようなプランの格安SIMだと価格差は縮まる。

iPhone5s(16GB)の価格差
SIMフリーiPhone
iPad Air(16GB)の価格差
SIMフリーiPhone

 また、格安SIMでの運用はテザリングが使えないなど制限もある。どうしてもSIMフリー版端末をキャリア回線で使いたいという場合は、いったんキャリア版を購入し、回線を契約する。そのあとで、中古店などにキャリア版を売却して、別途SIMフリー版を購入しよう。

キャリア版を売却する手も
SIMフリーiPhone
キャリア版をすぐに下取りに出せば、状態も良いため買い取り価格は高い。

 現在iPhone5を使っていて、iPhone5s/5cに買い換えたいという場合も、この方法が使える。2年縛りがある場合、違約金が必要になりますが、最新モデルに変更できるメリットはかなり大きいかと。
 週刊アスキー8月19/26日売(991号)では、さらに多くのSIMフリースマホや格安SIMに関する情報が盛りだくさん。興味のある方はぜひとも手にとってみてくださいね。
 

Kindle版はこちら
週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらの表紙をクリック

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!