2014年08月03日16時00分

iPhone6はNFCを搭載する可能性大!Apple噂まとめ(7/27〜8/2)|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 国内外の噂系サイトで7月27日から8月2日までに出回った内容をまとめました。これまでさまざまなパーツの画像が流出していたiPhone6ですが、とうとう基板の画像が登場しました。目視では確認できませんが、各種噂サイトによるとNFCとIEEE802.11acに対応するようです。

 NFCといえば、ホストカードエミュレーション機能によって、国内で普及しているフェリカカードのようなセキュアな仕組みを構築できるようになりました。つまり、NFCを決済手段として利用しやすい環境が整ったといえます。iOS8+iPhone6の目玉機能はもしかするとNFCになるかもしれませんね。iOS7で搭載されたiBeaconとNFCの組み合わせで、Appleが新しい買い物体験を提供してくれることでしょう。

7/27 4.7インチiPhone6の基板が流出、11acやNFCに対応か
Nowhereeslse.frが、4.7インチiPhone6のプリント基板を入手したとのこと。この基板には、NFCチップ(U5301_RF/U5411_RF)を内蔵しているほか、IEEE802.11acに対応しているとのこと。

7/28 関連企業の買収でiOSの「Podcast」アプリが進化?
Re/codeによると、Appleはユーザーが好きなネットラジオ番組だけを流せる「Swell」というアプリを買収したそうです。買収金額は約30億円になるそうです。純正の「Podcast」アプリを強化するための流れでしょうか。

7/28 5.5インチiPhone6の基板も流出
Nowhereelse.frが、4.7インチに続き、5.5インチiPhone6の基板を入手したそうです。基板サイズは、4.7インチモデルが幅57.14×高さ95.52mm、5.5インチモデルが幅61.52×高さ98.66mmとのこと。NFCに関しては90%の確率でサポートされるそうです。

7/28 5.5インチiPhone6とiWatchは12月に発売か
気になる、記になる…」によると、中国のWeiboで4.7インチiPhone6の量産が始まっており、9月に発売されるという情報が上がっていたそうです。5.5インチiPhone6については、9月に量産、12月に発売とのこと。Appleのサプライチェーンの内部情報筋の話だそうです。Appleが開発中のウェアラブルデバイスであるiWatchも5.5インチiPhone6と同時期の12月になるそうです。

7/29 4.7インチiPhone6のリアケースの動画
9 to 5 Macによると、iPhone6の背面ケースのハンズオン画像が公開されているそうです。Appleロゴの部分がくりぬかれているので、やはりここに電波を通す必要があるなにか。つまりNFCが搭載されるのではないかと思われます。

7/30 サファイヤガラス仕様のiPhoneは9月に発売されない
EMSOneによると、市場調査会社である台湾LEDインサイド社が、サファイヤガラスを採用したiPhone6は9月に発売されないのではないかと予想しています。根拠となっているのは、サファイア・ブール(単結晶の棒状)、パターン化サファイア基板(PSS)の価格が7月に下落したことと、サファイアガラスを採用したスマホ用保護ガラスの需要が伸びた気配がないこと。サファイヤガラスの需要が逼迫しているなら、価格が上昇するはずですからね。

7/30 Mid 2014モデルのMac mini/iMacが登場か
9 to 5 Macによると、AppleのサポートページにMac mini(Mid 2014)の名前が一時的に掲載されたそうです。Mac miniはいまだにCPUがIvy Bridgeなんでホントならうれしいですね。iMac(Mid 2014)の名称もサポートページに登場したとのこと。米インテル社の次期アーキテクチャーのCPUである「Broadwell」は2015年に発売がずれ込むようですから、Mac mini/iMacともタイミング的には今でしょうね。

7/31 新型Apple TVのリリースは2015年にずれ込む
The Informationによると、新型のApple TVは2015年までリリースされないそうです。

7/31 Appleがビーツ社の従業員を200名削減
ブルームバーグによると、Appleは買収したオーディオメーカーの米ビーツ社の従業員を200人ほど削減するそうです。ブランドと技術特許が欲しかっただけのようですね。

7/31 Appleの在米エンジニアの3分の1はインド人
EMSOneによると、米国のAppleで働いているエンジニアの3分の1はインド国籍であることが調査会社の調べでわかったそうです。インド紙「Times of India」の情報です。インドに優秀な人材がいる証拠ですね。

7/31 部品メーカーの業績でiWatchの年末発売説が現実的に
EMSOneによると、タッチパネル大手の台湾TPK社が2014年7~9月期の業績を下方修正し、獲得できるはずだった利益を10~12月期に先送りするという予測を示したそうです。同社はAppleが開発中のウェアラブルデバイスであるiWatchのサプライヤーリストに入っていることから、これはiWatchの量産が10月以降にずれ込むことを示しているようです。

7/31 iPhone6の発売は10月14日になるという説
MacRumorsによると、iPhone6の発売日は10月14日(火)になるとのこと。Apple Storeの内部ミーティングの内容を小耳に挟んだことが根拠のようで、10月14日は信じられないぐらい忙しくなるとのこと。それってiPadとOS X Yosemiteの発売じゃないかと思いますけど。

8/1 iWatchの年内出荷量は300万台
Apple Insiderによると、iWatchの年内出荷台数は300万台ほどにとどまるとのこと。量産は9月、発売は11月になる見込みで、遅れの原因はサファイヤガラスのようです。台湾KGI証券のアナリストであるミン・チー・クー氏の指摘です。なお、iWatchにはサファイヤガラスを採用しないモデルもあるようです。iWatchについては、液晶パネルであるAMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)ディスプレーを韓国LGディスプレー社が、タッチモジュールを台湾TPK社が担当予定です。

8/1 iPhone6のホームボタンのフレキシブルケーブルが流出
Lunacommerceが、4.7/5.5インチiPhone6と考えられるホームボタンのフレキシブルケーブルを公開しているそうです。つか、販売しています。iPhone6の別バーツも豊富にそろっているようです。

8/1 iPhoneの生産工場がグーグルにロボットを発注
EMSOneによると、iPhoneの組み立てを請け負っている台湾フォックスコン社の中国にある子会社が、米グーグル社に1万台のロボットを発注したそうです。フォックスコン側は否定しています。

8/1 AppleがUSB Type Cコネクターの採用を検討か
EMSOneによると、USBコネクタの新規格「USB Type C」の最終版は、8月11日に公開されるとのこと。台湾紙「経済日報」の情報です。Appleがサプライヤーチェーンを物色しているようです。

8/1 MacBook Pro Retinaの発売で台湾メーカーの業績が拡大
EMSOneによると、MacBook Pro Retinaの新モデルがリリースされたことを受けて、Mac製品のヒンジなどを供給している台湾のSZS社やジャリー社などの業績が向上することが期待されているそうです。

8/1 フォード社員に支給されるスマホがBlackBerryからiPhoneへ
EMSOneによると、米フォード・モーター社が従業員に支給するスマホを、BlackBerryからiPhoneへ切り替えるそうです。当初の対象は3300人で、2014年末までに切り替えを実施するそうです。この切り替えは、Appleと米IBM社がビジネス分野での連携を発表した効果だと専門家は見ています。

8/2 次期iPad Airの背面写真が流出
中国のWeiboに、次期iPad Airと考えられる背面パネルが投稿されているとのこと。一見すると、現行モデルと変わらないように見えますが、底面のスピーカーのグリル部分が従来の2列から1列になっています。いちばんの変更点は、背面のアップルマークの部分がくり抜かれていることでしょうか。やはり、ここにもNFCなんでしょうか。


 MacPeople 9月号(7月29日発売)の特集ラインアップは、1.4GHzの低価格iMacレビュー、Photoshopで始めるiOSアプリ開発入門、iTunes Match徹底解剖、アプリ開発者のアイデア発想術を掲載しています。電子版なら気になるキーワードで検索ができるほか。電子版は紙よりも安くてお得ですよ!

MacPeople9月号は夏のモバイル大特集
MacPeople2014年9月号
Amazonで購入は表紙をクリック

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!