2014年08月03日15時00分

MacのiPhotoで写真データを大容量な外付けハードディスクで管理したい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Macの写真管理ソフト「iPhoto」はライブラリと呼ばれるデータベースで写真を管理します。初期状態では、「ホーム」の「ピクチャ」フォルダーに作られるため、内蔵ディスクを利用するようになります。写真データはディスク容量を圧迫するため、iPhotoのライブラリを外付けハードディスクなどに変更したいという人もいるでしょう。

 実はiPhotoは、複数のライブラリを作成して、切り替えて使うことが可能です。外付けハードディスクに新たにライブラリを作成し、そこで写真を管理すればいいのです。

 iPhotoを起動したら、「ファイル」メニューから「ライブラリを切り替える」を選びます。現れたダイアログで[新規作成]を選択しましょう。ライブラリの保存先を外付けハードディスク内に指定すると、ライブラリの選択画面に表れるので、選んでiPhotoを再起動すればOKです。なお、「ライブラリを切り替える」メニュー項目からの切り替え以外には、「option」キーを押しながらiPhotoを起動してもライブラリの切り替えは可能です。

1:「ライブラリを切り替える」を選択
20140804_arai_iphotolib
iPhotoを起動したら、「ファイル」メニューの「ライブラリを切り替える」項目を選びます
2:[新規作成]を選択
20140804_arai_iphotolib
ライブラリの選択画面が現れるので、[新規作成]を選択します
3:保存先を指定
20140804_arai_iphotolib
外付けハードディスクなど、任意の場所にライブラリの保存先を指定します。ライブラリ名も変更できます
4:ライブラリの切り替え
20140804_arai_iphotolib
ライブラリの選択画面に戻ったら、外付けハードディスクに保存したライブラリを選んで[選択]ボタンを押します
5:iPhotoの再起動
20140804_arai_iphotolib
ライブラリの切り替えにはiPhotoの再起動が必要です。再起動後、選択したライブラリで写真を管理できるようになります

 さて、7月29日発売のMacPeople9月号の特集ラインアップは、低価格iMacレビュー&次期モデル予測、夏のモバイル活用術、Photoshopで始めるiOSアプリ開発入門、iTunes Match徹底解剖、アプリ開発者のアイデア発想術です。電子版なら気になるキーワードで検索ができるほか、定期購読は紙よりも安くてお得ですよ!

MacPeople9月号は夏のモバイル大特集
MacPeople2014年9月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!