2014年07月14日11時07分

Chromebookが日本でも発売へ 企業や教育機関向け(画像追加)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Googleは本日(7月14日)より、日本国内の企業や教育機関向けにChromebookおよび管理コンソールの提供を開始すると発表した。

 参加するハードウェアメーカーは、東芝、日本HP、デル、ASUS、日本エイサーなど。投入時期はエイサー7月、ASUS8月、HP9月の予定。
 質疑応答では、当初はWiFi版のみでありLTE版は検討中であることや、個人向けのChromebook端末は未定であることが言及されました。


 以下は発表会でのスライドと説明になります。

chromebook
↑こちらは東芝が海外で発売しているChromebook『CB30-A3120』。日本モデルとは異なると思われる。
Chromebook
↑Googleが、Chromebookを教育機関及び企業向けに提供開始。
Chromebook
↑日本での提供メーカーはこちらの5社。
Chromebook
↑Chromeブラウザーの3大特徴。
Chromebook
↑セキュリティパッチの迅速な対応。サンドボックスは悪意あるプログラムをOSへ手放さないシステム。
Chromebook
↑ウェブの利用に最適化を図ったのがChromebook。
Chromebook
↑Google Appsは世界500万社で利用されている。
Chromebook
↑端末にはデータを保存しないことで、セキュリティーは高くなり、コストが下がる。
Chromebook
↑そして移行もラクになるとのこと。
Chromebook
↑外部ストレージを許可しない設定でセキュリティを上げる。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking