2014年07月10日21時00分

いざという時にディスクの内容を丸ごと復元できるTime Machineを使わない手はない|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Windowsユーザーだった女子編集者が、実際にMacを使うなかで出合ったトラブルを解決する本連載。OS Xのバックアップ機能である「Time Machine」は、Time Capsuleまたは外付けハードディスクさえ用意すれば、パソコンの知識がなくても設定できる簡単さが特徴。

 私は、外付けHDDの購入が面倒というだけの理由で、Macを使い始めて1年ほど設定していなかったのですが(以前の記事参照)、あっけないほど簡単なのでMacユーザーなら絶対に設定しておいたほうがいいです。

Time Machine

 理由は、いざという時にシステムを丸ごと復元するのが超簡単だから! 幸い、まだTime Machineからのシステム復元が必要になるような事態に陥ったことはないのですが、起きてから公開したのでは遅いですからね。

 ⋯⋯というわけで、Time Machineからシステムを復元する方法をおさらいしておきましょう。

「option」キーを押しながら起動

 復旧ディスクからの起動や、「ディスクユーティリティ」を起動したいときにいつも使うやつですね。Time Machineを設定している場合は、バックアップ用のディスクが見えるはず。

Time Machine

Time Machineバックアップから復元

 画面に従って進みましょう。

Time Machine
Time Machine

 別の外付けHDDを途中で接続することもできます。

Time Machine

 復元する時点を選べるので、OSのバージョンアップ後に調子が悪くなったので戻したいとか、ある時点でインストールしたアプリが怪しいといった場合は、その前の状態に戻してもいいですね。

Time Machine

 Time Machineは、一度設定したら基本的にはほったらかしでOK。いざという事態が起きたとき、過去の自分に対して涙を流して感謝することでしょう。ぜひ設定しておくことをお勧めします。


 さて、6月28日発売のMacPeople8月号の特集ラインアップは、WWDCでベールを脱いだOS X YosemiteとiOS 8の新機能総ざらい、アップルの新プログラミング言語Swiftパーフェクトガイド、WordPressで作るレスポンシブウェブデザイン、Googleアナリティクス基礎講座です。電子版なら気になるキーワードで検索ができるほか、定期購読は紙よりも安くてお得ですよ!

MacPeople8月号はWWDC2014大特集
MacPeople2014年8月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!