2014年07月08日18時00分

OS X Yosemiteデザインの細かすぎて伝わりにくい変更点|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

切手の「消印」までが変化!

 次期OS Xである「Yosemite」は、現行バージョンである「Mavericks」とはデザインが大幅に変わります。目立ったところではFinderやDockの外観が変わっていますね。まだあまり詳しい情報は出ていませんが、現状出ている情報だけでも、細かく見ていくと色々と変化していることがわかります。ここではその一部をご紹介しましょう。

●「メール」アプリアイコン
140707_moro_1toku_

 切手をモチーフにした「メール」アプリのアイコンは、あまり変わっていないように見えて実は結構変化しています。まず、切手の形がやや縦長になっており、消印のスタンプの位置が左下から右下に移動しました。さらに消印の文字をよく見てみると、Mavericksでは「HELLO FROM CUPERTINO CA」だったのが、「〜FROM CALIFORNIA」になっているんです。

●「プレビュー」アプリアイコン
140707_moro_1toku_

 「プレビュー」アプリのアイコンも、写真とルーペというモチーフは変わっていません。しかし、海を背景にした写真から少年が消えてしまいました。2枚の写真の重なり方や、ルーペの形状も変わっています。それにしても、この少年が失踪した理由が気になるところです。

●Launchpadアイコン
140707_moro_1toku_

 App Storeからダウンロードしたアプリの管理・起動機能である「Launchpad」。このアイコンも基本デザインは同じであるものの、ディテールが調整されています。Mavericksではメタル調だった質感がYosemiteでは不明瞭な質感になり、ロケットの形状も変わっています。YosemiteのLaunchpadのロケットは流線型のスリムなフォルムになっているのです。

●「アップル」メニュー
140707_moro_1toku_

 そして、メニューバーの左端に鎮座する「アップル」メニューのアイコンにも手が入れられています。MavericksまでのOS Xでは伝統的にあった光沢感がなくなり、フラット化。しかも以前はアイコンサイズが15ピクセルだったのがYosemiteでは13ピクセルになり、わずかに小さくなっているのです。

 Yosemiteの詳細が明らかになるにつれて、こうした「細かすぎる」違いももっともっと発見されるでしょう。正式リリース後には、より細かく新旧の違いを分析してレポートしたいと思います。お楽しみに!

140628_moro_1toku_
140628_moro_1toku_

 


 さて、6月28日発売のMacPeople 8月号の特集ラインアップは、WWDCでベールを脱いだOS X YosemiteとiOS 8の新機能総ざらい、アップルの新プログラミング言語Swiftパーフェクトガイド、WordPressで作るレスポンシブウェブデザイン、Googleアナリティクス基礎講座──の4本です。電子版なら気になるキーワードで検索ができるほか、定期購読は紙よりも安くてお得ですよ!

MacPeople8月号はWWDC2014大特集
MacPeople2014年8月号
Amazonで購入は表紙をクリック


MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!