2014年07月02日08時00分

MacのFinderのカラム表示を、シンプルに見やすくカスタマイズする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 MacのFinderの表示方法には、「アイコン」「リスト」「カラム」「Cover Flow」の4種類が用意されています。使用目的に合わせて表示方法を切り替えられて便利ですが、各表示方法をより細かくカスタマイズすることも可能です。それが「表示オプション」です。「表示」メニューから「表示オプションを表示」を選びましょう。

20140701_arai_viewoption
Finderの「表示」メニューから「表示オプションを表示」を選ぶと、ダイアログが現れます

 現れたダイアログの設定を変更すれば、ウィンドウの内容が切り替わります。例えば「カラム表示」なら、階層の並び順やフォントサイズなどの変更が可能。アイコンを非表示にしてフォントサイズを小さくすると、スッキリとした表示になり、狭い画面でもカラム表示が見やすくなります。

通常のカラム表示の状態

表示オプション Finderウィンドウ
20140701_arai_viewoption 20140701_arai_viewoption

表示オプションを変更

表示オプション Finderウィンドウ
20140701_arai_viewoption 20140701_arai_viewoption

 さて、6月28日発売のMacPeople8月号の特集ラインアップは、WWDCでベールを脱いだOS X YosemiteとiOS 8の新機能総ざらい、アップルの新プログラミング言語Swiftパーフェクトガイド、WordPressで作るレスポンシブウェブデザイン、Googleアナリティクス基礎講座です。電子版なら気になるキーワードで検索ができるほか、定期購読は紙よりも安くてお得ですよ!

MacPeople8月号はWWDC2014大特集
MacPeople2014年8月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp