2014年06月28日08時01分

AppleがiPhotoとApertureの開発を中止!その超前向きな理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、おはようございます。ヒロ&ASUKAです。土曜日早朝に衝撃的なニュースが飛び込んで参りました。なんと、『iPhoto』と『Aperture』の開発が中止されることがAppleから発表されたのです。

 『iPhoto』といえば、純正の写真編集・管理アプリ。『iTunes』と並ぶ看板アプリのひとつでした。『Aperture』は『iPhoto』のプロ版ともいえる高機能写真管理・RAW現像アプリで愛用するユーザーも多い製品です。

Photos
高機能な写真管理・RAW現像アプリである『Aperture』。

 この2つのアプリがなくなるのには、前向きな理由があります。具体的には、『iPhoto』がWWDCで紹介された『Photos』というアプリと“iCloud Photo Library”と呼ばれるクラウドサービスに置き換えられるのです。

 そして、『Aperture』で管理していた写真は、このOS X用の『Photos』アプリにシームレスに移行できるようになります。OS X用『Photos』は来年のリリースとなりますが、『iPhoto』や『Aperture』が提供していた機能を貪欲に取り込んでくるのは間違いないでしょう。

 OS X YosemiteとiOS 8の最強タッグにより、これまでMacやiPhoneなどで管理していた写真がすべてiCloudで統合管理されることで、より扱いやすくなるわけです。

Photos
『Photos for OS X』のインターフェース。

Appleによる公式な発表は以下のとおりです。

『新しいアプリケーション、PhotosとiCloud Photo Library の登場により、あなたの写真はすべてiCloud上に安全に保管され、どこからでもアクセスできるようになりますが、Apertureについては新たな開発は行なわれません。来年、Photos for OS Xがリリースされた際には、既存のApertureライブラリはPhotos for OS Xに移行できるようになる予定です。』

(2014.6.28 08:05追記)『Photos for OS X』の画像を公式のものに差し替えました。

関連サイト
Apple(iPhoto)
Apple(Aperture)

 さて、本日発売のMacPeople8月号の特集ラインアップは、WWDCでベールを脱いだOS X YosemiteとiOS 8の新機能総ざらい、アップルの新プログラミング言語Swiftパーフェクトガイド、WordPressで作るレスポンシブウェブデザイン、Googleアナリティクス基礎講座です。電子版なら気になるキーワードで検索ができるほか、定期購読は紙よりも安くてお得ですよ!

MacPeople8月号はWWDC2014大特集
MacPeople2014年8月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!