2014年06月26日13時45分

現地実機で見るサプライズの新プラットフォームAndroid TV:Google I/O 2014

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 今回のI/O一番のサプライズがテレビ向けの新プラットフォーム『Android TV』の発表だろう。Google TVもあり、『Chromecast』は米国では好調の製品で、日本でも先日発売になったばかりだ。さらには『Android Stick』のような製品も存在する。自社製品だけでなくとも、テレビの“モニター”は今は激戦区の分野だ。

Android TV Android TV

 画面は縦がゲームや動画などカテゴリーで分かれ、横にそのコンテンツがずらりと並ぶ。テレビ自体もコンテンツのひとつとして表示されている。Google Playの動画からYouTube、人気のNetflixに加え、TEDの公演などもアプリが存在。Andoridスマートフォンなどから操作する。スマートウォッチ“Android Wear”での操作もできる。

Android TV

 パートナー企業にはシャープとソニーの名前が大きく表示され、ほかにもNVIDIAやASUSなどが並ぶ。前者はスマートTV、後者はセットトップボックス型での登場が見込まれる。日本での展開などは現時点では不明だ。

Android TV

 操作は必ずしもタッチパッドは必要なく、リモコンやゲームパッドでも操作が可能な設計となっている。展示のデベロッパーキットにはUSBのコントローラーをつなげており、操作が可能だった。その操作方法は、まるでゲーム機のようでもある。

Android TV Android TV

 Google Playのマルチプレーで、タブレットで操作する人と対戦が可能だ。ゲームのカテゴリーがあるところも、コンソール機ともかぶるところがあるが、あくまでカジュアルゲームと説明する。ただパートナー企業にはNVIDIAなど重たいゲームも扱えるメーカーもあるため、たとえば“Tegra K1”搭載のAndroid TVセットトップボックスなども考えられる。

Android TV

 さらにGoogle Castの機能も内包し、スマホ内のコンテンツをテレビに表示することもできる。Android TVは、Chromecastの技術も参考につくられているとのことだ。

Android TV

■関連サイト
Google I/O 2014

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking