2014年06月25日09時15分

もう並ぶ必要ナシ!六本木の『the 3rd Burger』が最新iBeaconシステム導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ハンバーガーレストラン『the 3rd Burger』六本木店は、スマホアプリ『O:der』を利用した“スマートオーダー”システムを6月26日より導入します。

the 3rd Burger
本格志向でかつヘルシーなハンバーガーメニューで若い男女やビジネスパーソンに人気の『the 3rd Burger』(ザ・サード・バーガー)。写真は看板メニューの“the 3rd Burger”。ワサビ入りなのが特徴。

 『O:der』はショーケース ギグが運営する、対象店舗の来店ポイントをスタンプカードのようにためられるアプリ。すでに『the 3rd Burger』を含む、都内数十店舗で利用されています。この度のアップデートにより、『the 3rd Burger』ではアプリのメニュー画面から予約オーダーが可能になります。6月26日よりiPhone版が先行公開され、Android版は7月上旬の対応を予定しています。

the 3rd Burger

 人気飲食店はピーク時に混雑してしまうおそれもあります。「わずらわしい行列に並ばずに、お店に着いてすぐ目当ての品物を受け取りたい!」。 そんな願いを可能にするのが“スマートオーダー”システムです。

 お店に足を運ぶ前に『O:der』のアプリ内メニュー画面から注文を決定。あらかじめクレジットカード情報を登録をしておき、カード決済をアプリで完了させます。決済が無事に完了すると注文番号がスマホの画面に表示されます。

 店舗では、注文が確定を受けて順次オーダーされたメニューを調理します。ユーザーが店舗に着いたときには、レジで決済番号を提示するだけで注文した品物をスムーズに受け取ることができます。

the 3rd Burger
the 3rd Burger the 3rd Burger
the 3rd Burger
店舗側の端末には注文内容やユーザーの情報が表示される。

 スマホアプリでオーダーして店頭に受けとりに行くという“スマートオーダー”システムは、お客さんは店舗で「待たない」スタイルを実現します。さらに、お店側も受付の時間が短縮されるぶんオペレーションがスムーズになり集客アップが望めるとのこと。『the 3rd Burger』を運営するユナイテッド&コレクティブ代表取締役社長である坂井英也氏は、『O:der』で“スマートオーダー”を取り入れることで「1.5倍の集客増を目指す」と語りました。

 さらに『O:der』ではBluetooth Low Energyを利用したiPhoneの機能、iBeaconも実装しています。店舗が利用するiBeacon発信機(ビーコン)は2種類。まずはiBeaconの用途で一般的な、お店の近くに来たiPhoneにプッシュ通知を送るタイプ。Bluetoothの電波範囲である10メートル以内に近づいた『O:der』ユーザーを検知します。店舗側は来店中のユーザーの情報を確認できます。

the 3rd Burger
ビーコンはアプリックス製の『MyBeacon Pro MB004』。独自の電子認証などによりセキュリティーの精度が高い。

 もうひとつはタッチ式のビーコン。Bluetoothの電波を10センチ程度の距離で捕捉できるようにした端末で、iPhoneでNFCのようなタッチ式の通信を可能にします。こちらのビーコンはレジに設置されます。

 具体的には、従来はQRコードの読み取りで付与されていたスタンプを、スマホをビーコン端末に置くだけで簡単にもらえるようになります。このスタンプは10個ためるとハンバーガーを1個を無料で食べられるシステムです。タッチ式のビーコンを利用した本格的なポイントシステムはおそらく世界初です。なお、タッチ式のビーコンの運用は7月初旬からになります。

the 3rd Burger
アプリックス製の『MyBeacon touch』通信モジュールを2つ搭載したビーコンとして世界初のタッチ式。
the 3rd Burger
タッチ式ビーコン端末は店舗設置時はオリジナルのカバーがかけられる。
the 3rd Burger
レジのビーコンにタッチするだけで来店ポイント付与。
the 3rd Burger

 『the 3rd Burger』六本木店は、オープンして間もないアークヒルズサウスタワー内。自慢のハンバーガーは素材の味が生きていてとてもおいしかったです。

 その秘密はパティーにあるそうです。パティーは、冷凍の肉塊を解凍して成形後、再度冷凍して店舗に配送するのが一般的です。しかし『the 3rd Burger』のパティーは、生のブロック肉を店舗でミンチにしてパティーに成形します。冷凍しないため肉質が落ちないのです。また野菜が多く女性でもぺろりと食べられると思います。

 混雑時の待ち時間が軽減されるのは忙しいビジネスパーソンには特に朗報です。話題のiBeaconも体験できるので、ぜひ来店して絶品のハンバーガーを味わってみましょう。

●関連サイト
the 3rd Burger
アプリックス

書名 ネットと実店舗を強力に結びつけるO2Oの注目技術 iBeacon丸わかりガイド 週刊アスキー・ワンテーマ
編集 MacPeople編集部、週刊アスキー編集部
価格 286円(税別)
配信サイト BOOK☆WALKER、Kindleストア、楽天ブックスなど

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!