2014年06月18日12時00分

山根博士が作ったスマホが11台入る『スマポーチ6』が完成

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ついつい買って増えてしまうスマートフォンや、モバイルバッテリーやケーブルなど日々持ち歩くものの数が増えていませんか?4年前に筆者はスマートフォンがたくさん入る『博士と一緒にオフ会バッグ』を作りました(関連記事)。今回、4年ぶりのリニューアルとして大画面ファブレット時代に合わせた新作『スマポーチ6』が完成。スマートフォンを毎日複数台持ち歩く人にオススメしたい1品です!

『スマポーチ6』

↑『オフ会バッグ』は最近の端末収納がちと辛い。

 2010年秋に設計した『博士と一緒にオフ会バッグ』はスマートフォン用のポケットが外に6つ、中に5つありアクセサリも収まる優れものでした。ところが4年も経つとスマートフォンのサイズは大型化。ファブレット系はポーチの外ポケットの蓋を内側に織り込んで収納しなくてはなりません。これでも入れらないことはありませんが見た目はちょっとスマートさに欠けます。

『スマポーチ6』

↑ファブレットにも対応した『スマポーチ6』。

 そこでポケットのサイズと全体の大きさを少しアップした改良品を作ってみました。今回もモバイル関連のお店で売っていただくために商品名は『スマポーチ6』と命名。筆者は実際に今月の展示会『Computex2014』や『Mobile Asia Expo 2014』でも持ち歩いて使ってみましたが、自画自賛ながらとても便利でした。

『スマポーチ6』

↑外ポケットだけでもスマホが6台入る。

 外側のポケットには5.5インチクラスのファブレットも楽々収納。今年発売が噂されるiPhone 6も楽に入るでしょう。側面のポケットは左右に6つ、これだけで6台ものスマートフォンが収納できます。市販のポーチだとペン収納部分やら中途半端に大きいポケットがついているのですが、この『スマポーチ6』はスマートフォンに特化した設計になっています。

『スマポーチ6』

↑内部にも充実のポケット。

 内部にもポケットはあります。外側とほぼ同じサイズのポケット3つにはスマートフォンはもちろん、ケーブルやルーターなどを入れるのもいいでしょう。

『スマポーチ6』

↑6インチのファブレットも内ポケットに。

 また内側のもう片面の2つのポケットはそれらよりも幅があります。6インチクラスのファブレットや大型のモバイルバッテリーはここに入れられます。パスポートもちょうど入るので海外旅行時にも使えちゃいますよ。

『スマポーチ6』

↑マチ部分の小ポケットにもいろいろ入る。

 ポーチの左右をつなぐ“マチ”の部分も無駄にはしませんよ。ペンや細身のバッテリーなどが入ります。普段あまり使わないケーブルを纏めて入れておくのもよさそう。なお本体の外側にも同じようにこの小ポケットがあります。

『スマポーチ6』

↑タブレットもはいっちゃう“隠しポケット”も。

 『スマポーチ6』の内部はファスナーを閉じなければ10インチタブレットを入れることもできます。実は外の側面の3つのポケットのすぐ内部にも隠しポケットがあり、ここは7~8インチクラスのタブレットも収納可能。iPad miniやmiix 2なども入れられます。タブレットを両面に入れると“スマートフォン11台”、“タブレット2台”で合計13台のデバイスもすっきりおさまっちゃうわけ。

『スマポーチ6』

↑それじゃあ13台のデバイスを入れてみよう。

 本当に入るの?てなことで13台のデバイスを用意。スマートフォンが7台、モバイルルーター2台、モバイルバッテリー1台、小型のミラーレスカメラ1台そして8インチ前後のタブレット2台。これを『スマポーチ6』に入れてみます。

『スマポーチ6』

↑オススメはしないけど(笑)全部入っちゃった。

 ポケット一つ一つにデバイスを入れていくと、どんどん机の上が片付いていきます。そして13台がすべて入ってしまいました。ま、これだけ入れると重くて持つのも一苦労ですけどね。なお名前に“ポーチ”とあるように、この『スマポーチ6』はカバンなどに入れて使いましょう。これ単体で裸で持ち歩いた場合、どこかに置き忘れちゃったら自分のすべてを失うことになってしまいますからね。

『スマポーチ6』

↑スマホ数台+アクセサリでも十分オーケー。

 スマートフォンの収納に特化しているだけに、普段は2~3台しか持ち運ばない人でもいざってときには台数を増やして持ち出せます。また空いているポケットにはアクセサリ類やカードなどを入れておいてもいいので十分普段使いにも利用できます。一方スマートフォンを何十台も持っているコレクターの人なら、自宅でのスマートフォン整理用にも使えますね。

 この『スマポーチ6』は以下2つのお店で販売予定なので興味ある方はぜひどうぞ。

●購入はコチラ
電脳中心買物隊
ポケットゲームズ

 

山根康宏さんのオフィシャルサイト
香港携帯情報局

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking