2014年06月14日07時30分

200台近くの試遊台を用意したマイクロソフトブースには会場初公開のタイトルも:E3 2014

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 昨年末に次世代ゲーム機『Xbox One』を発売した(日本では9月発売予定)マイクロソフトだけに、今年のE3ブースは新作タイトルでギッシリ。約60タイトルが多数の試遊台を使って展示されていました。広報氏説明による“次世代感・豊富なラインナップ・クラウド”というテーマにも納得です。

E3 MS

 一番目立つ位置にあったのがイチオシ作『Sunset Overdrive』。ミュータント相手にド派手な武器をぶっぱなして戦う本作ですが、会場ではマルチプレイモードの“Chaos Squad”が体験できました。このモードは、マップの周囲からワラワラと拠点を目指してやってくるミュータントを、ほかのプレイヤーと協力して倒していくモードです。会場では4人でしたが、最大8人での協力プレイが可能とのこと。

E3 MS
E3 MS

 プレーしての印象は、とにかく爽快感がバツグンな点。建物の屋根と屋根との間にはワイヤーが張り巡らされていて、そこに飛び乗ると滑るようにグラインド移動ができるのですが、スケート靴のようにスピーディーに移動できるのは、(物陰に隠れることが多い)三人称視点のシューティングとしてはとっても斬新。ほかにも、地面ある植え込みやテントを使って高くジャンプしたり、建物の壁を走ることができたりと、トリッキーな移動手段が多数用意されて、それらを活用するのことが攻略に繋がりそうです。

E3 MS

↑グラインド移動で敵の周囲を巡りながら攻撃できるのが、かなりの爽快。ワイヤーにぶら下がったり方向転換するものボタン一発で快適!

E3 MS

↑ポップでおバカなノリも持ち味。新グルピレイでは、広大な街サンセットシティを舞台にミュータントと戦っていきます。

 また、いつでも複数が切り替え可能な武器には、爆発に冷凍に電撃に火炎放射などなどさまざまな効果があるので、いろいろと試しているだけでプチ満足。敵を燃やしたりみじん切りにしたりできるトラップの設置も可能で、これら多彩な武器をどう使っていくかもポイントとなりそうです。

E3 MS

↑ショーで遊べたバージョンには、こんなにたくさんの武器が。

E3 MS

↑プレイをした人にはゲーム中でミュータントを生み出す原因となったエナジードリンク(とTシャツ)がもらえました。さっそく飲んでみましたが、本場アメリカのはクワァーッとキますね!

E3 MS

 ほかにも、箱庭型のオンラインドライブゲーム『Forza Horizon2』や、『Fable Legend』『Project Spark』といった年内発売予定の主要タイトルすべてが遊べるようになっていました。

E3 MS

↑全身を使ってのコントロールが可能なKinect用タイトルは、音楽ゲームやシェイプアップ目的のモノが。

 カンファレンスの記事でお伝えしたように(関連記事)多数のタイトルを発表したマイクロソフトですが、そこではアナウンスされなかったタイトルが“隠し玉”的に出展されていました。それがアドベンチャーゲーム『D4』です。

E3 MS

 主人公はさえない元警官。妻を殺した犯人を探すために、ある特殊な能力を使って物語を進めていきます。すべての操作がKinectによる身振り手振りで行える(コントローラーも使用可能)のが特徴で、画面内のモノにアクセスするには手をかざして握る、見ている向きを変えるにはスマホのスワイプ操作のように手を横に動かすといった具合。主人公の背後から視点なことも相まって、なかなかの臨場感でした。

E3 MS

 また、なにかするごとに行動力が減ったり、操作の精度などによって主人公とプレイヤーのシンクロ率が表示されたりと、フツーのアドベンチャーじゃなさを感じさせる要素もあったり。ちなみに開発は日本のメーカーのアクセスゲームということで、すでに日本語字幕が用意されていました。日本国内でのリリースも決定しているとのことなので、期待しちゃいますね!

E3 MS
E3 MS
E3 MS

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp