2014年06月11日21時00分

OS XのFinderの効果音を無効化するターミナルコマンド|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 本連載では、Macの「ターミナル」アプリにdefaultsコマンドを入力して、OS Xの隠し設定を引き出す方法を紹介しています(関連記事はこちら)。

 ファイルをコピーしたとき、ゴミ箱へ捨てたとき……。Finderでファイルを操作すると効果音が再生されます。しかし、音楽を聴いているときに効果音が聞こえると興ざめですし、かといって全体を消音(ミュート)するわけにもいきません。そんなときにFinderの効果音を消すdefaultsコマンドがあります。

finder_sound

 「システム環境設定」の「サウンド」パネルにある「ユーザインターフェイスのサウンドエフェクトを再生」のチェックを外すと、システムの操作音を消去できますが、以下のコマンドを実行すると、Finderに限定して音を消すことができるのです。

finder_sound

 以下のとおりターミナルでdefaultsコマンドを実行しましょう。

defaults write com.apple.finder FinderSounds -bool false  [enter]

killall Finder  [enter]

finder_sound

 これでFinderの効果音のみ、再生されなくなります。

 続いて、元に戻します。

defaults delete com.apple.finder FinderSounds  [enter]

killall Finder  [enter]

finder_sound

 Mac操作中に気持ちよく音楽を楽しみたいときは、ぜひお試しください。

 ほかにも、「OS X Mavericks対応 defaultsコマンド活用術 I」では、OS Xの隠し設定を引き出すための必須コマンドを紹介しています。AmazonでKindle版が好評発売中です(外部サイト)。


 さて、好評発売中のMacPeople 7月号(5月29日発売)は、巻頭特集の新MacBook Air速攻レビューのほか、現行マシンの改造&パワーアップ特集、建築的視点から見たアップルストア特集、Cocos2d-xゲーム開発入門、YouTube動画作成術、デベロッパーに聞くスマホアプリの最新トレンドなどを掲載しています。 電子版なら気になるキーワードでの検索ができるほか、紙より少しお得ですよ!

MacPeople7月号はApple Storeが目印
MacPeople7月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!