2014年06月04日23時30分

Windowsも“Next Billion”をターゲットに マイクロソフト基調講演:COMPUTEX2014

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
マイクロソフト COMPUTEX2014

 マイクロソフトは台湾で開催中のCOMPUTEX2014においてキーノートを実施しました。同社製品である『Windows』および『Windows Phone』について最新情報やデモ、サードパーティー製端末が紹介されました。

マイクロソフト COMPUTEX2014 マイクロソフト COMPUTEX2014
マイクロソフト COMPUTEX2014

 まずは改めて同社の製品が世界中で使われていることを紹介。さらに“The next billion devices(次の10億人に向けた端末)”に必要なことを示しました。さらに、同社のクラウド製品群でどんな形状のデバイスでも同様のサービスが使われていることを示しました。

マイクロソフト COMPUTEX2014

 さらに発表済みの『Windows 8.1 Update』、『Windows Phone 8.1』のデモも実施されました。音声アシスタント機能である“CORTANA”のデモでは“How many calories in a banana?(バナナのカロリーはどのくらい?)”と聞いたら、“105cal”と答えたり、リマインダーの設定を音声アシスタントだけですませたり、iOSの“Siri”とGoogleの“Google Now”を組み合わせたかのような機能が紹介されました。

 そして、デモの最後にはCORTANAに向かって“I love you.(愛しているよ)”と話しかけ、CORTANAが“Thanks. Ditto.”と答えるコミュニケーション機能を披露して締めくくりました。

マイクロソフト COMPUTEX2014
↑デモを担当したWindows Group Product Managerのニック・ヘッダーマン氏。
タイル設定の強化 3Dマップ
マイクロソフト COMPUTEX2014 マイクロソフト COMPUTEX2014
端末内画像を 壁紙に設定
マイクロソフト COMPUTEX2014 マイクロソフト COMPUTEX2014
初登場の“File”アプリ コピーなどが可能
マイクロソフト COMPUTEX2014 マイクロソフト COMPUTEX2014
音声アシスタント機能を オフにすることも
マイクロソフト COMPUTEX2014 マイクロソフト COMPUTEX2014
バナナのカロリーは? 台湾で一番高い建物は?
マイクロソフト COMPUTEX2014 マイクロソフト COMPUTEX2014
リマインダー登録 コミュニケーション
マイクロソフト COMPUTEX2014 マイクロソフト COMPUTEX2014

 また、キーノートでは“The Internet of Things(IoT)”についても触れ、同社のクラウドソリューション“Microsoft Azure”が、さまざまなWindowsデバイスとそのほかのデバイスがセンサー、複数のOS、アプリケーションの橋渡し的な役割を果たすとしています。

マイクロソフト COMPUTEX2014 マイクロソフト COMPUTEX2014

 キーノートでは製品紹介も行なわれ、Windows製品はHPの法人向け2in1『HP Pro x2 612』や先日ASUSから発表された『ASUS Transformer Book T300 Chi』などが紹介され、実機も披露されました。

マイクロソフト COMPUTEX2014
↑『HP Pro x2 612』とKeynote全体の進行と製品紹介を担当したマイクロソフトOEM部門副社長のニック・パーカー氏。
ASUSの製品はまだ試作機 非常に薄く軽量
マイクロソフト COMPUTEX2014 マイクロソフト COMPUTEX2014

●関連サイト
日本マイクロソフト 公式サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking