2014年05月31日16時00分

ガチでギークな女優、池澤あやかがロボットをプログラミングで動かした|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 女優の池澤あやかちゃんは、文句なしの美女でありながら、Ruby界でも女神と呼ばれるほどの「本物」っぷりを発揮しているガチでギークな女優。慶應義塾大学 環境情報学部(SFC)を卒業した才媛で、プログラムができる特技を生かして活動中。最近ますます活躍の場が広がっています。

 そんな彼女、MacPeopleでは「池澤あやかのギーク道」を連載中! 今回は、以前にもレポートしたRaspberry Pi(関連記事)を組み込んで動かせるロボット「Rapiro」で遊んでみました。コントロール基板がArduino互換で、「Arduino IDE」 という開発環境を使ってプログラミングできるのです。

池澤あやか
池澤あやか 池澤あやか 池澤あやか

 まずはどんな物なのか、あやかちゃん本人による動画レポートでどうぞ! 実際に動かすところも見られます。

※iOS端末などでプレビューが表示されない場合はコチラ(YouTubeサイト)でご覧ください。

 Rapiroは、脳波で動く猫耳「necomimi」 にも関わった機楽(外部リンク)さんが開発したロボットキット。クラウドファンディングの「Kickstarter」で開発資金を募ったところ、2日間で目標金額 の2万ポンド(約345 万円)が集まったそう。このなんともかわいいデザインが気に入ってしまい、開発者の石渡昌太さんにお話を聞きに行ってきました。

池澤あやか

 頭部にRaspberry Piを仕込めるようになっており、ちょうどいい位置に端子穴が 用意されています。

池澤あやか

 あらかじめ用意されているテストプログラムを使えば、プログラミングができない人でも簡単なコマンドを打つだけで基本動作を試せます。例えば「# M1」で前進(目は青)、 「#M5」で両手を振る(目は緑)といった具合です。

 さらに詳しいRapiroのプログラミングはぜひMacPeople7月号の誌面でどうぞ!

池澤あやか

 このレポートが載っているMacPeople7月号の特集ラインアップは、新MacBook Airレビュー/現行マシンをまだまだ使う!限界チューンアップ術/アップルストアの知られざる真実/Cocos2d-xゲーム開発入門/ゲームアプリ開発者のためのYouTubeプレー動画講座/デベロッパーに聞くスマホアプリの最新トレンド——となっています。電子版なら気になるキーワードで検索ができるほか、定期購読は紙よりも安くてお得ですよ!

MacPeople7月号はApple Storeが目印
MacPeople7月号
Amazonで購入は表紙をクリック

■関連リンク
「池澤あやかのギーク道」公式Facebook
池澤あやかさん公式ブログ
池澤あやかさん公式Twitter

池澤あやか

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp