2014年05月30日20時30分

エッシャーのだまし絵のような世界でゴールを目指す『The Bridge』:Steam

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 PCゲームのダウンロード販売サイト『Steam』のゲームレビュー連載、第21回はエッシャーのだまし絵のような世界でゴールを目指すパズルアクション『The Bridge』を紹介する。

『The Bridge』
●Ty Taylor and Mario Castaneda
Steam販売ページ(関連サイト)

The Bridge

 The Bridgeは、主人公のオッサンをドアまでたどり着かせることが目的のステージクリア型のゲームだ。世界を回転させ、オッサンをゴールまで導こう。

 ちなみに世界の回転方法はとてもカンタンだ。矢印キーを押すだけで世界が傾くぞ。

The Bridge

 まずは小刻みに左右に動かして世界を揺らし、重力でリンゴを落とそう。リンゴがオッサンの頭に当たれば目覚めのときだ!

The Bridge

 目覚めたオッサンはAキーとDキーで左右に移動させられる。

The Bridge

 ゆけオッサン!この不思議な世界の謎を解くのだ!(じつはオープニングとか何もないからこんな冒頭文になってしまってるなんて言えない……)

■ 世界を回して障害をクリアせよ!

 ゲームが始まったらオッサンを先へと移動させよう。この坂を登って……

The Bridge

 って、登れない!

The Bridge

 オッサンの足腰が弱すぎるのかそこだけリアルなのか、アクションゲームとは思えないぐらいちょっとした勾配でオッサンは坂を登れなくなってしまう。

 でもご安心。この程度の坂、世界を傾けてしまえばこのとおり!

The Bridge

 オッサンでも登れる坂になった!やったね!

■ ドアの向こうは錯覚が支配する世界

 激坂を登り、家にたどり着けばいよいよパズルの始まりだ。

The Bridge

 ここまでのプレイでオッサンと世界の操作方法はカンペキなはず。さあ目の前にあるドアを開けて入ってみよう。

 果たしてドアの向こうで待っているものは……。

The Bridge

 ドアを抜けると、そこは錯覚が支配する世界だった。

The Bridge

 まずはステージを歩いてみよう。

The Bridge

 このままだともちろん壁にぶつかるが……。

 世界を回転させればどんな壁も地面になるのだ。

The Bridge

 そして、柱だと思っていたものは地面になる。

The Bridge

 どこが地面でどこが壁なのか。それは世界をひっくり返してみるまで分からない。

 そんな世界で無事にドアまでたどり着けばステージクリアーとなる。

The Bridge

 オッサン、お疲れ様。

■ カギを手に入れてロック解除だ!

 次のステージからはドアに大きな錠前がかけられてしまう。

The Bridge

 ……コイツ、意地でもクリアーさせないつもりだな。

 当たり前だがこの錠を開くにはカギが必要だ。カギはオッサンと同じく重力に左右されるオブジェクトであり、世界を回転させるとカギは下に向かって動いてしまう。

The Bridge

 なので、オッサンにカギを追いかけさせなければならない。

 また、ほかにも室内のオブジェクトが重力によって動くため、うまく世界を回転させてドアまでの道をつくり出していこう。

The Bridge

■ 失敗したら時間を巻き戻せ!

 さらにステージを進めると、今度はでっかい人面岩が現れる。

The Bridge

 この謎の人面岩、少しでも触れてしまうとそこでゲームオーバーになってしまう厄介なオブジェクトだ。しかも丸いからもちろん重力に従って転がってくる。

 そのため、慣れないうちはバンバン触れてしまうのだが、じつは触れてしまってもスペースキーを押せば時間を元に戻せたりする。

The Bridge

 つまり、失敗をなかったことにしてしまえるのである。

 どんどん難しくなるステージだが、「失敗した!」と思ったら時間を巻き戻そう。

The Bridge

 失敗?ナンノコトデスカ?のーみすデくりあシマシタヨ。

■ 重力渦を制御せよ!

 “I”のステージをクリアすると、家の2階に“II”と“III”のドアが現れる。

The Bridge

 しかし、見てのとおり家のなかには階段などは何もない。

 ではどうやって行くのかというと、家をひっくり返せば良いのである。

The Bridge

 IIのステージでは、新たなギミックとして重力渦が発生する。この重力渦に一度飲み込まれると、なんらかの仕掛けにより渦が消えないかぎり身動きが取れなくなってしまう。

The Bridge

 その代わり、重力渦に巻き込まれているあいだはどんなに世界を傾けても落下しない法則もある。それをどんなふうに利用するかは、プレイヤーの知恵次第だ。

■ ペンローズの三角形を制覇せよ!

 IIのステージをクリアし、IIIのステージにたどり着くとそこからは本格的なだまし絵の世界になっていく。ありえないかたちに繋がったペンローズの三角形の挿絵が、次に登場するステージの姿を暗示しているぞ。

The Bridge

 このステージ、どこがどう繋がっているか説明できるだろうか?

The Bridge

 IIIのステージからは、さらにだまし絵にプラスして世界に表と裏もつくられる。見えている場所は同じなのに、色のある表と真っ白な裏で触れられるモノが違うのだ。

The Bridge

 壁だったものが床になり、表だった世界が裏になり、といったギミック満載のステージをクリアーできるだろうか?

The Bridge

■ まだだ!まだ終わらんよ!

 そして、そんなIIIのステージをクリアすると、今度は“IV”のドアが現れるぞ!しかも地下からだ!

The Bridge

 このゲーム、まだまだクリアーさせてくれる気はなさそうである。

 Steamの販売ページによると、全部で48レベルのパズルが用意されているらしい。世界を傾けたりギミックを動かしたりしているうちに頭が混乱していくこのゲーム、パズル好きはぜひ挑戦してみて欲しい。

『The Bridge』
●Ty Taylor and Mario Castaneda
●9.99ドル(2013年2月23日リリース) ※価格は記事掲載時点のものです
対応OS Windows、Mac、Linux
ジャンル カジュアル、独立系開発会社、ストラテジー

●著者
篠原 修司
Steamのプロフィールページ:Steam コミュニティ :: KiDD
個人ブログ:デジタルマガジン

ご購入はこちら
週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Amazonで購入は表紙をクリック

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking