2014年05月31日11時00分

格安SIMって使う端末を選ぶの?:ソボクな疑問

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 毎週のように新しい格安SIMや新プランが発表されています。基本料がグンと抑えられる格安SIMはとても魅力的ですが、あらゆるスマホで使えるわけではありません。

SIMフリー

 その原因は“SIMロック”という制限です。

 ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアは、自社のスマホに“SIMロック”をかけ、自社のSIM以外を利用できないようにしています。

 ほとんどの格安SIM事業者は“ドコモからSIMを借りている”ため、格安SIMはauやソフトバンクの端末では基本的には使えないのです。
 これを利用できるのは“ドコモの端末”か、SIMロックが掛かっていない“SIMフリー端末”だけとなります。PlayStation Vitaの3Gモデルもドコモ端末の一種です。

SIMフリー
SIMフリー

 例外は2種類あります。
 ソフトバンクの一部の端末はSIMロックを解除できるようになっていて、ショップに持ち込んで3240円の手数料を払えば“SIMフリー端末”となり、格安SIMが使えるようになるのです。

SIMフリー

 auの例外は、auの回線を利用した格安SIMサービス『mineo』(関連記事)を使うこと。データ通信はLTEのみで、3G回線は音声通話にしか使えないなどの制限が多少ありますが、月額1000円程度から使えるのはうれしいかぎり。iPhoneやiPadも対象です。

SIMフリー

 5月30日発売のアスキームック『格安SIMフリーはじめてガイド』には、先ほどのようなソボクな疑問を解決してくれる特集をはじめ、格安SIMやSIMフリー端末の選び方など、格安SIMに関連する話題が盛りだくさん。「SIMフリーってちょっと敷居が高いかも」とか「すでに使ってるけど、もっとお得なプランが知りたい」なんて方は、お手に取ってみてはいかがでしょうか。

SIMフリー

関連サイト
・ドコモ SIMロック解除
・ソフトバンク SIMロック解除
・mineo(au回線利用の格安SIMサービス)

週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック

Newsstand

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking