2014年05月27日23時30分

5インチフルHDスマホを9インチ液晶に合体できる『PadFone S』が台湾で発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
PadFone S

 ASUSは台湾にて9インチの液晶の背面に5インチのフルHDスマートフォンを挿して使える『PadFone』シリーズの最新モデル『PadFone S』を発表した。本製品は6月2日に行なわれるCOMPUTEX2014にて正式公開され、台湾では7月に発売されるようだ。

PadFone S

 国内で発売されているSIMフリーのPadFone 2やCES2014で発表されたPadFone Xは黒だったが、本体の色は白と黒が確認できた。

PadFone S

 PadFone Sは4G LTE通信、NFC、無線充電に対応。5インチ(1080×1920ドット)のフルHD液晶、CPUにQualcomm Snapdragon800 MSM8974(2.3GHz)、2GBのRAM、16GBのROMを搭載し、最大64GBのマイクロSDカードが使用できる。OSは4.4.2のKitKat。

 カメラは1300万画素、インカメラが200万画素。スマホ側のバッテリーは2300mAhで、生活防水にも対応している。

PadFone S

 液晶部分は9インチ(1920×1080ドット)フルHD液晶、100万画素のインカメラを搭載。4999mAhのバッテリーを内蔵している。

PadFone S

 上部にある3.5インチのヘッドホンジャックはノイズキャンセリングに対応する。

PadFone S

 側面は左側にはボタンや端子がなくフラットで、右側に電源キーと音量キーを備える。

PadFone S

 底面の液晶とのドッキング端子はPadFone 2と同じに見える。もちろん、PadFone 2と同じく液晶と接続することで液晶内蔵バッテリーで、本体を充電することもできる。

PadFone S

 背面の材質はプラスチックゴム。

PadFone S

 マイクロSDカードとSIMカードを挿すには、背面を開く必要がある。バッテリーの取り換えはできない様子。

PadFone S

 UIは同社のZen UIを採用する。

 価格や細かい仕様は、日本国内での発売があるのかと気になることはいくつかあるが、Comtex2014の情報に期待したい。

●関連サイト
ASUS情報公開ページ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking