2014年05月27日17時30分

3年前のMacBook Airをたった5分で爆速に変身させる大容量SSD|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんばんは。MacPeople/週刊アスキー編集部を絶賛兼務中の吉田でございます。さて先日の噂まとめでは、Broadwell搭載のMacBook Airは3月以降のリリースという情報を流布しました(関連記事)。これは米インテル社のCPUロードマップに照らし合わせた噂なので確度は高いでしょう。

 とはいえ、これからMacBook Airを購入するユーザーは、この前にリリースされたHaswell Refresh搭載のMacBook Airは十分にお買い得なので1年待つ必要はないと思います(関連記事)。一方、すでにMacBook Airを所有しているユーザーにとっては悩ましい時期です。現行デザインで標準でCore i5を搭載するMacBook Air(Mid 2011)以降のモデルを使っているユーザーは特に。一般的な使用スタイルなら、マシンの処理速度にストレスを感じることは少ないからです。

JetDrive

 今回は、そんな悩ましい問題をサクっと解決する製品として、トランセンド(株)の「JetDrive」シリーズを紹介します。

JetDrive

 これは、MacBook Airの内蔵SSDと取り替えて使うブレードタイプのSSD。今回検証に使ったのは、容量480GBのJetDrive 500で、実売価格は4万1800円前後です。

JetDrive

 交換して余った内蔵SSDは、写真の専用ケースに入れてUSB接続のSSDに転用できます。SSD換装後のOSやユーザーデータの移行もこれで楽々ですね。

JetDrive

 MacBook Airの底面パネルや内蔵SSDを取り外すためのドライバーなども付属しているので安心。

内蔵SSD-書き込み JetDrive-書き込み
JetDrive JetDrive

 取り付け方法は後回しにして、早速JetDriveの実力を検証してみましょう。豪ブラックマジック・デザイン社のディスクベンチマークアプリ「Blackmagic Disk Speed Test」で5GBファイルのシーケンシャルリード/ライトのパフォーマンスを検証してみました。まずはライト(書き込み)性能はこんな感じ。JetDriveは余裕の400MB/秒超えです。

内蔵SSD-読み出し JetDrive-読み出し
JetDrive JetDrive

 続いて、リード(読み出し)性能。こちらもJetDriveは400MB/秒超えです。とにかく、文句なく高速です。

内蔵SSD
JetDrive
JetDrive
JetDrive
内蔵SSD JetDrive
JetDrive JetDrive

 速さの秘密はSSDが搭載するフラッシュメモリーの性能にもよりますが、JetDriveはSATAの6Gbpsで接続されているのも要因かと思われます。

USB接続内蔵SSD-書き込み 内蔵SSDUSB接続-読み出し
JetDrive JetDrive

 なお、換装して余った内蔵SSDを専用のUSBケースに入れてMacBook AirにUSBで接続したところ、図のようなパフォーマンスになりました。ライトが27MB/秒台、リードが33MB/秒台と激遅です。

JetDrive

 内蔵SSD、JetDrive、USBケースに入れた内蔵SSDのパフォーマンスをBlackmagic Disk Speed Testで3回計測した平均値をグラフ化しました。JetDriveの圧倒的すぎるパフォーマンスに感激。

JetDrive

 MacBook AirのMid 2011モデルのUSBは2.0なので仕方ないところです。なお、このUSBケース自体はUSB 3.0に対応していますので、USB 3.0ポートを備える機種で使えば高速な外付けSSDとして使えます。写真のようにかなりコンパクトなのがうれしいですね。

JetDrive

 最後にJetDriveの取り付け方法を紹介します。静電気にさえ注意すれば、作業には5分もかからないほど簡単です。まずは、付属の黒いドライバーでMacBook Airの底面パネルを固定している10本のネジを外します。

JetDrive

 MacBook Airのヒンジ側にある4本のネジのうち中央寄りの2本だけは長いので、組み立て直す時は注意しましょう。

JetDrive

 底面パネルを外すとこんな感じ。手前に見えるのが内蔵SSDです。

JetDrive

 この内蔵SSDをロジックボードに固定しているネジを付属の赤いドライバーで外します。

JetDrive
JetDrive

 ネジを外したら、内蔵SSDを写真の左方向に引き抜きます。そして逆の手順でJetDriveを装着しましょう。

JetDrive

 換装して余った内蔵SSDを収納するためのUSBケースは写真のように3つのパーツに分かれています。

JetDrive

 コネクターと内蔵SSDを接続して写真のように収納後、フタを閉めてネジ止めすればOK。

JetDrive

 JetDriveは、MacBook Air/MacBook Pro Retina用に製品が用意されていますが、MacBook Airでも発売時期によってSSDの形状が異なるので注意が必要です。自分のマシンのモデル名は、アップルメニューの「このMacについて」を選び、「詳しい情報」をクリックすればチェックできるので事前に調べておきましょう。

(2014.5.27追記)JetDriveの本体価格を修正しました。


 さて、まもなく発売のMacPeople 7月号(5月29日発売)は、巻頭特集の新MacBook Air速攻レビューのほか、現行マシンを改造パワーアップ特集、まもなく表参道店がオープンと噂されるアップルストア特集、Cocos2d-xゲーム開発入門、YouTube動画作成術、デベロッパーに聞くスマホアプリの最新トレンドなどを掲載しています。

MacPeople7月号はApple Storeが目印
MacPeople7月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円で読めます

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

55人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

41人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp