2014年05月25日14時00分

最新Xperiaが3万円で買える!?『Xperia M2』レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさんこの夏を乗り切る新スマホは買いましたか? 各社のスマホの発売日スケジュールはこちら(関連記事)にまとまっていますが、自分はまだ「値段がなー」とか「発売日はまだ先かー」とかうめきつつ、どれにしようか決めかねています。

 そんな悩めるガジェオタなみんなたちにオススメなのが、現在EXPANSYSで発売中のSIMフリースマホ『Xperia M2』です。魅力はなんといっても価格。記事作成時の2万9450円です。

『Xperia M2』

 まずは、早速最新機種『Xperia Z2』(右、香港版)と『Xperia A SO-04E』(左)と比べてみます。ディスプレーは4.8インチqHD(540×960ドット)解像度で、Aよりはやや大きく、Z2よりは小さいといった具合です。

『Xperia M2』

 つづいて厚さ。M2は厚さ8.6ミリと防水仕様でないこともあいまってかなり薄め。ちなみにAが10.5ミリで、Z2が8.2ミリとなっています。

『Xperia M2』

 裏面はこのような感じ。カメラの位置はAと同じく水平方向の中央揃えになっています。写真ではわかりづらいですが、M2の背面素材はプラスチックになっているので、ガラス製のZ2に比べると高級感はありませんが、縁のカット加工もあり“Xperiaらしさ”を感じられます。

『Xperia M2』

 日本語ローケルは当然対応。スタート時から選べます。

『Xperia M2』

 ただし、日本語入力キーボード(国内だとPOBox Plusなど)はプリインストールされていないので、利用する際はGoogle PlayからATOKやGoogle日本語入力などを入れておきましょう。

『Xperia M2』

 新興国向けに開発されたということもあり、カメラスペックや撮影機能などZ1相当のものが搭載されている様子。ですが、スケッチアプリなどは、色を自分で自由に指定できる機能をもつ最新版がインストールされています。

『Xperia M2』

 また、内蔵の画像編集機能も最新のZ2相当のものを搭載。特別なアプリを入れなくてもトリミングなどの基本的なことから、コラージュなどの別アプリを必要としそうな機能が利用できます。

『Xperia M2』
『Xperia M2』 『Xperia M2』

 Android OSのバージョンは4.3(JellyBean)。現状まだ配布されていませんが、外箱にも書いてあるとおり、Android4.4(KitKat)へのアップデートが予定されています。Bluetooth4.0にも対応しているため、KitKatにアップデートされれば、発売中のウェアラブルデバイス『SmartBand SWR10』も利用できるようになります。

『Xperia M2』
『Xperia M2』 『Xperia M2』

 以上。低価格版でありながらも、必要十分以上なスペックを備えたスマホが3万円を切っている……。この事実にビビッときた方は、早めにEXPANSYSをチェックしておきましょう。

『Xperia M2』

●関連サイト
EXPANSYS JAPAN
EXPANSYS JAPAN Xperia M2商品ページ

※著者および編集部は、技術基準適合証明(技適)を受けていない通信機器の利用を勧めるものではございません。通信機器は各国の法律に基づいて利用してください。各国の法律に反して利用しても、著者および編集部は一切責任を負いません。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!