2014年05月20日21時00分

Macの音量や画面の明るさ調節を通常の16段階から64段階にするワザ|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

細かく調節したいデリケートなあなたへ

 現行Macの標準キーボードでは、「F1」「F2」キーで画面の輝度(明るさ)を、「F11」「F12」キーで音量を調節できます。また、ノートマシンでは「F5」「F6」キーでキーボードバックライトの輝度を変更できます。

140520_moro_volume

 いずれも、キーを押す回数によって16段階に調節できるようになっています。しかし、16段階というのは考えようによってはかなりザックリした分け方です。もっと細かく微調整したい、という人もいるでしょう。そんな人のための機能が、OS Xにはちゃんと用意されているんです。

140520_moro_volume

 やり方は簡単。「option」+「shift」キーを押しながら上記のファンクションキーを押せばいいんです。これで16個ある目盛がそれぞれ4分割されるので、合計64段階の調整が可能になります。

140520_moro_volume

 上の図は、音量/画面輝度/キーボードバックライトの輝度を、それぞれ調節している様子です。通常はひとつの目盛で1段階のところが、より細かく分割されているのがわかるでしょうか?

140520_moro_volume

 ちなみに、キーボードバックライトの輝度を変えようとしたら、上記のような表示が出たという人は、「システム環境設定」の「キーボード」の設定を見てみましょう。

140520_moro_volume_05

 「環境光が暗い場合にキーボードの輝度を調整」オプションがオンになっていませんか? ここにチェックが入っていると手動調節ができないので、自分で調節したい人は外しておきましょう。

 


 さて、好評発売中のMacPeople 6月号では、次のようなコンテンツを掲載しています。第1特集『ネットワークデータ管理のススメ』では、AirMacシリーズの基礎知識や、NASの導入ガイド、ようり高度にNASを使いこなすためのテクニックなどを、30ページ超の特大ボリュームで解説。

 そのほか、Office for iOS & OneNote for Macの使い方、iPhoneを守る保護ガラスの選び方、いま熱いゲーム開発環境Unity入門、App Storeに自作アプリを登録する方法──など、じっくり読みたいコンテンツが満載の1冊となっています。
 

MacPeople6月号はAirMac Extremeが目印
MacPeople6月号
Amazonで購入は表紙をクリック


MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!