2014年05月15日18時30分

最大で10GBを無料で使えるノートアプリ『OneNote』がスゴイわけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 無料で使えるマルチプラットフォーム対応のノートアプリであるマイクロソフトの『OneNote』。ノート系アプリとしては破格の10GBのオンラインストレージを無料で使えるのが魅力だ。ここでは、OneNoteの特徴をまとめてみた。

OneNote

OneNoteってどんなメモ帳?
 無料で使えるのに機能も容量も太っ腹。メモ、写真、音声、ウェブサイトのクリップなどをクラウドに保存する、マルチデバイス対応のメモアプリ。メモを自由に配置できる表現力と、3階層で管理する整理のしやすさが魅力。また、OneDriveを利用した7GBの大容量もうれしい。

モバイル版(Android、iOS)
OneDrive

 機能を絞ったモバイルアプリはノートの閲覧と簡単なメモ作成に特化している。

ブラウザー版OneNote Online
OneDrive

 ネット環境とウェブブラウザーさえあれば、オンライン版でも閲覧・編集が可能。同期も高速だ。

PC版OneNote(Windows、Mac)
OneDrive

Windows7/8、OS X版を無料提供。OfficeでおなじみのリボンUIに複数の機能が配置されている。

OneNoteはどんなデバイスに対応しているの?
OneDrive

 有料版を利用するにはOffice 2013もしくはOffice 365のライセンスが必要。無料版の機能に加えて、SharePointのサポート、バージョン履歴、Outlookとの統合、Excelで作成した表の挿入などの機能が使える。全バージョンでOneDriveと共通のMicrosoftアカウントが必要だ。

POINT1 最大10GBを無料で使える無料オンラインストレージ
OneDriveは無料容量7GB、写真自動アップロードなら10GBまで利用可能。

POINT2 表現力の高いメモが作れる
テキスト、画像、動画といった要素を適宜挿入し、コンテンツごと自由に動かしてレイアウトができる。

POINT3 独特のノート整理法
複数の〝ページ〞をまとめた〝セクション〞、それをまとめた〝ノートブック〞というシンプルな3階層で管理。

■関連サイト
OneNote

 好評発売中の『週刊アスキー5/27号 No.979』では、OneNoteを使ったさまざまなテクニックも紹介。ぜひ、書店やコンビニ、駅売店、Amazonなどで購入してほしい。もちろんNewsstand版でも掲載中だ!

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらをクリック

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!