2014年05月08日13時35分

au版GALAXY S5実機最速レビュー! グローバル版との違いは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 本日発表されましたau夏モデルのフラッグシップのひとつ、GALAXY S5に早速触ってきました。

 さんざん海外版で先行レビューしてまいりましたので、国内モデルの独自機能にスポットを当てて見ていきましょう。

 まずWiMAX+、ワンセグ、FeliCaといった外観に出ない機能があげられます。あとはカラー。au版は3色ですが、ピンクゴールドが日本オリジナルになります。なお、グローバル版は正面おでこの部分にSAMSUNGロゴがありましたが、これがなく、背面にGALAXYとauロゴが記されています。

au版GALAXY S5実機レビュー
au版GALAXY S5実機レビュー
au版GALAXY S5実機レビュー

 ワンセグはイヤホン接続で利用するもので、アンテナは内蔵してません。よって、グローバル版のケースを流用できます。中を見てみましょう。下の写真、右がグローバル版。バッテリー左上にある金属端子はQi対応ケースのためのもので、これが国内モデルにはありません。国内版は非接触充電には非対応ということになるのですが……。

au版GALAXY S5実機レビュー
au版GALAXY S5実機レビュー

 その代わりに日本版は充電台がついています。側面に端子が付いており、載せるだけでオッケー。S.ビューカバーをつけても乗せられます。その際は、スペーサーを外す仕組み。外したスペーサーは底部にくっつけておけるという凝った仕様。USB端子が3.0のためキャップレスにできなかったそうですが、これなら充電が億劫になりませんね。Qiより早そうだし、いいかも。

au版GALAXY S5実機レビュー
au版GALAXY S5実機レビュー
au版GALAXY S5実機レビュー

 ほか、細かいところではキャリアアプリが入っているわけですが、災害情報系のモノはサムスンオリジナルで、日本でのみ入れているそうです。

au版GALAXY S5実機レビュー
au版GALAXY S5実機レビュー

 『Gear2』、『Fit』もauからアクセサリーとして販売されます。海外版を日本語化すると中華フォントでしたが、キレイな日本語になっていました(壁紙のいとへんで確認)。ただし、睡眠アプリがなくなっています。これは、日本だと医療関係のしがらみで難しいそうです。

au版GALAXY S5実機レビュー
au版GALAXY S5実機レビュー au版GALAXY S5実機レビュー

 いじょ。駆け足でしたが、いかがでしたでしょか。au夏モデル情報、まだまだ続きます!

●関連サイト
au公式ページ

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!