2014年05月07日21時30分

タフネススマホ『TORQUE』が国内でもうじき登場?|京セラ決算説明会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 京セラは5月7日に都内で『2014年3月通期決算説明会』を行なわれました。

京セラ決算説明会

 通信機器事業は2013年3月期比較で5.3%の増収という結果。来年度にはさらに10%の増収と、スマホ&ケータイ出荷数1400万台を目指す。具体的には『TORQUE』のような独自のタフネス端末をアピールし、欧州やアジア諸国、南米などを視野に入れたグローバル展開の強化するとのこと。

京セラ決算説明会
↑京セラ代表取締役社長 山口悟郎氏。

 国内では『TORQUE』は現在、ドコモの回線を利用可能な法人向け端末として販売されている。発表会で代表取締役社長 山口悟郎氏は「タフネス端末は現状ドコモ対応のみだが、ドコモに限らずに全部出していきたい」と語った。

 明日5月8日にはauが新端末発表会を行なうので、ひょっとすると個人向け『TORQUE』が発表されるかも。カシオ計算機のG'z Oneシリーズが最近出ていませんので、かなり期待したいところです。

●関連サイト
京セラ

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!