2014年05月02日18時15分

新MacBook Airロードテスト(2)新旧モデル徹底比較|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんにちは。MacPeople/週刊アスキー絶賛兼務中の吉田でございます。今回は、新旧のMacBook Airのベンチマークテスト結果を詳しく紹介していきます。比較するマシンは、新モデルのMacBook Air(Early 2014)と旧モデルのMacBook Air(Mid 2013)。新モデルのCPUはCore i5の1.4GHz、旧モデルのCPUはCore i5の1.3GHzで、いずれもデュアルコアのCPUです。両モデルとも、メモリー容量は4GB、内蔵SSD容量は128GBとなっています、

MacBook Air

 まずは「Geekbench 3」です(外部サイト)。このベンチでは、CPUの整数演算、浮動小数点演算、メモリーアクセスなどを計測してマシンの性能を算出します。まあ、純粋なCPUの性能がわかるわけです。シングルコアとマルチコアのテストが実施され、それぞれのスコアが算出されます。シングルコアのスコアはもちろん、CPUコア1つの性能ですが、マルチコアに最適化されていないアプリはこのスコアが重要になってきます。マルチコアのスコアは、すべてのCPUコアの処理性能を合算した値になります。こちらの性能が高いマシンは、3Dレンダリングとかエンコードとかの処理に威力を発揮します。

Early 2014 Mid 2013
MacBook Air MacBook Air

 新旧マシンの主要スペックはこんな感じ。モデル名は、いずれも「MacBookAir6.2」なので、新マシンは旧マシンのクロックアップ版であることがわかります。

Early 2014 Mid 2013
MacBook Air MacBook Air

 ベンチ結果はこのとおり。左がEarly 2014、右がMid 2013です。当たり前ですが、クロック周波数が100MHzアップした新モデルのほうが性能が高いです。シングルコアで103%、マルチコアで104%ほどです。 

MacBook Air

 次に「CINEBENCH R15」で計測してみましょう(外部サイト)。こちらは、CPUとGPUの性能を計測できます。CPUのテストは3D画像のレンダリング、GPUのテストはOpenGLを利用して描画された3D画像のリアルタイム再生によって性能をチェックします。

Early 2014 Mid 2013
MacBook Air MacBook Air

 このテストでは、CPU性能で105%、GPU性能で101%ほど旧モデルに比べて新モデルの性能がアップしています。両モデルともGPUは、「Intel HD Graphics 5000」と同じなので、GPU性能は誤差と考えていいでしょう。

 3つ目は、「Valley Benchmark」で3Dゲーム性能を計測してみましょう(外部サイト)(外部サイト)。クオリティーをUltraなどに設定するとMacBook Airでは激重なので、Mediumでテストを実行しました。

Early 2014 Mid 2013
MacBook Air MacBook Air

 こちらは旧モデルに比べて新モデルが106%ほど性能が向上しています。新モデルは、CPUのベースクロックやTurbo Boost時のクロックが100MHz高いので、その影響が出たと思われます。

 4つ目は、内蔵SSDの読み書き性能を「Blackmagic Disk Speed Test」で計測(外部サイト)。ここでは容量5GBのファイルの連続読み書きをテストしました。

Early 2014-書き込み Mid 2013-書き込み
MacBook Air MacBook Air
Early 2014-読み出し Mid 2013-読み出し
MacBook Air MacBook Air

 こちらは旧モデルのほうが高速という結果に。新モデルは旧モデルを100%とすると、書き込みで78%、読み出しで95%の性能です。

 最後にバッテリーベンチ。こちらは、720pのMPEG-4映像をフルスクリーンでループ再生し、フル充電からバッテリー容量低下による強制スリープに入るまでの時間をチェックしました。

新モデル(Early 2014) 8時間44分
旧モデル(Mid 2013) 8時間48分

 こちらも旧モデル4分ほど長持ちしましたが、これは誤差の範囲ですね。ムービー再生でこの状態なので、通常の作業なら10間程度は余裕で持つかもしれません。

 Mid 2013モデルを最近購入したユーザーにとって、値下げは腹立たしいところですが、性能的にはそれほど変わらないのであまり悔しくないはず。Retina化を望むユーザーも多いかと思いますが、MacBookはMid 2013から引き続き、かなりのお勧めノートであることは変わりませんね。


 MacPeople 6月号の特集ラインアップは、家庭内ネットワーク環境の強化、Office for iOS & OneNote for Macの使い方、iPhoneを守る保護ガラスの選び方、いま熱いゲーム開発環境Unity入門、App Storeに自作アプリを登録する方法──の特盛りメニューです。ゴールデンウィーク中にじっくり読んでほしい1冊です。

MacPeople6月号はAirMac Extremeが目印
MacPeople6月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!