2014年05月02日05時30分

Internet Explorerの脆弱性に対するアップデートが配信 WindowsXPも対象に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 先日発見されたWindows標準搭載のブラウザー“Internet Explorer”(以下、IE)の脆弱性を対処するため、マイクロソフトはセキュリティ更新プログラム(KB2964358)を公開しました。

KB2964358

 IEのバージョンが6.0、7、8、9、10、11で、OSは最新のWindows8.1 updateから先日サポートの終了したWindowsXPまでのユーザーが対象。IEの自動更新機能を有効にしている場合、アップデートは自動で実行されますが、無効の場合はWindows Update経由で実行する必要があります。

 アップデートの適用を確認するには、IEのバージョン情報画面の“更新バージョン”が今回の更新プログラムと同様の“KB2964358”になっているかチェックしましょう。

アプデ前 アプデ後
KB2964358 KB2964358

 今回発見された脆弱性は、多くのユーザーが利用するIEのほぼすべてのバージョンに影響があるもので、情報処理推進機構(IPA)もIEの利用を一時的にやめるよう呼びかけていました。

 SNS上などでも各会社での対応などの書き込みが相次ぎましたが、より多くのユーザーの方は、このアップデートを確認・実行して、より安全にインターネットを利用するようにしましょう。

●関連サイト
マイクロソフト 該当サポート記事(英文)
IPA 情報セキュリティ該当記事

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!