2014年05月01日09時30分

PS4だけでニコニコ生放送ができる新機能を試してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 4月30日にPS4のシステムバージョンが“1.70”にアップデートされた。これにより、ゲームプレイをリアルタイム配信する“ブロードキャスト機能”が『ニコニコ生放送』に対応した。さっそくPS4をアップデートしてニコニコ生放送配信をやってみた。

配信にはプレミアム会員が必須

PS4ニコ生
↑ほかのサービスにはない放送時間の設定項目がある。
PS4でニコニコ生放送

 配信までの流れはほかのサービスとほとんどいっしょだ。ゲームを起動したらコントローラーの“SHARE”ボタンを押し、“ゲームプレイをブロードキャストする”を選択する。

 そして“Twitch”と“USTERAM”と並んで“ニコニコ生放送”が表示されているので選択し、IDとパスワードを入力してログインする。ただし、配信する際にはプレミアム会員(月額540円)であることが必須だ。

 またほかと異なるのは、“配信時間”を設定しなければならない。デフォルトで30分配信となっており、そこから30分ごとに500ポイント(1ポイント=1円)が必要になる。

 PS4から配信された番組をPCのブラウザーなどで視聴する場合はニコニコアカウントは不要だが、コメントを入力する場合はアカウントが必要となる。

画質はやや粗めだがカンタン

PS4ニコ生
↑配信中の画面。コメントが右枠に表示されている。画面左端には放送時間が表示されている。
PS4ニコ生
↑視聴者側の画面。

 ほかの2つの配信サービスに比べて有料であることと配信時間に制限があるという2点以外は同じだった。観る側にとってはほかのサービスに比べると、若干画質が粗く、配信側と放送側の時間差が大きいように感じられた。

 とはいうものの、PS4だけで電源を入れてたった数分で配信できるのはとても魅力。Twitch.tvは海外では最大手のゲーム配信サイトだが、やっぱり日本人なら動画はニコニコ動画。これでゲーム配信文化の勢いがもっと加速するはず!

■関連サイト
PlayStation4 公式サイト
システムアップデート案内ページ
ニコニコ生放送:GINZA

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!