2014年04月29日21時00分

Apple TVが操作を受け付けなくなったらリカバリモードでリセットよ|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

リモコン操作が利かなくなったら

 Apple TVはよく出来たセットトップボックスで、設置も操作も非常にシンプル。電源ケーブルをつなぎ、HDMIケーブルでテレビと接続するだけで、リモコンで操作可能な状態になります。動作も極めて安定しており、MacやiPhoneなどと違ってフリーズすることは滅多にありません。

Apple TVをリカバリーモードにする
140429_moro_AppleTV

 しかし、ごく稀に、操作を受け付けなくなることがあります。そんな時は、Apple TVをリカバリーモードにApple Remoteの「MENU」ボタンと「再生/一時停止」ボタンを5〜6秒ほど長押ししてみましょう。Apple TVがリカバリーモードに入ると、ステータスランプが高速で光るのですぐにわかります。

 その後、Apple TVの電源ケーブルを抜いて5秒ほど待ち、再度電源ケーブルを接続します。これでApple TVがリセットされ、フリーズが解消されるはずです。
 

Macにつないで「復元」

 ただし、再起動してもApple TVが操作を受け付けないこともあるようです。そういう場合は、再度Apple TVをリカバリーモードにしてから、MacとUSBケーブルで接続します。

140429_moro_AppleTV

 え、Apple TVにUSBポートなんかないんじゃ? と思う人もいるかもしれませんが、実はあるんです。背面を見ると、HDMIポートの下にマイクロUSBポートがあることがわかるはずです。
 

140429_moro_AppleTV

 Apple TVのマイクロUSBポートとMacのUSBポートをケーブルでつなぎましょう。なお、マイクロUSBケーブルは自前で用意する必要があります。
 

140429_moro_AppleTV

 リカバリーモードのApple TVをMacと接続すると、iTunesのメイン画面にApple TVが表示されます。ここで「Apple TVを復元」ボタンを押すと、確認ダイアログが表示されるので「復元とアップデート」をクリックします。
 

140429_moro_AppleTV

 あとは画面の指示に従って適宜作業を進めていくと、数分程度でApple TVが工場出荷時の状態に復元(リセット)されます。リセットされるとiTunesの画面からApple TVのアイコンが自動的に消えるので、あとはテレビにつなぎ直せばOKです。

 普通に使っていたら、Apple TVのフリーズは年に1度あるかないかの状態です。とはいえ、覚えておくといざという時に慌てずに済みますよ。


 さて、本日発売のMacPeople 6月号では、次のようなコンテンツを掲載しています。第1特集『ネットワークデータ管理のススメ』では、AirMacシリーズの基礎知識や、NASの導入ガイド、ようり高度にNASを使いこなすためのテクニックなどを、30ページ超の特大ボリュームで解説。

 そのほか、Office for iOS & OneNote for Macの使い方、iPhoneを守る保護ガラスの選び方、いま熱いゲーム開発環境Unity入門、App Storeに自作アプリを登録する方法──など、ゴールデンウィーク中にじっくり読みたいコンテンツが満載です。

 

MacPeople6月号はAirMac Extremeが目印
MacPeople6月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!