2014年04月27日16時00分

iPhone6は5sに比べて1.6mm薄型!Apple噂まとめ(4/20〜4/26)|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 国内外の噂系サイトで4月20日から4月26日までに出回った内容をまとめました。流出したレンダリング画像から、iPhone6はiPhone5sよりも縦横ともひと回り大きくなるものの、厚みは1.6mm程度薄くなりそうです。また、ボディーは金属筐体となり、iPad touchのようにエッジが丸みを帯びたデザインになるとのことです。次期iPadにはTouch IDが搭載されるほか、Apple TVではSiriによるコントロールが可能になるそうです。

4/20 Appleが医療分野のエキスパートを雇用、iWatch関連?
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、Appleは医療機器コミュニティーで著名なディヴヤ・ナン氏を医療技術チームとして雇用したとのこと。ナン氏は新薬のテストや薬が患者に与える影響などの調査する米ステム・セル・セーラノスティックス社の共同設立者です。iOS8に搭載されると噂の健康管理アプリ「Healthbook」やAppleが開発中と噂されるウェアラブル端末のiWatchなどと関連しているのかもしれませんね。

4/21 iPhone6やiWatchでは日系企業の部品供給が減る?
EMSOne(外部サイト)によると、AppleはiPhone6やiWatchなどの2014年に発売予定の製品に搭載するフレキシブル基板について、日系企業への発注を減らし。台湾系企業への発注を増やすそうです。台湾のフレキジウム社、ZDT社、キャッチャー社などがサプライヤーチェーン入りするようです。台湾の金融情報サイト「理財網」の情報です。

4/22 iPhone6は電池の薄型化が難航で発売が遅れる?
EMSOne(外部サイト)によると、次期iPhoneと言われているiPhone6は電池の薄型化が難航しており、発売が遅れるかもしれないとのこと。バッテリーモジュールを製造するのは台湾シンピオ社と中国デサイ社ですが、Appleが決めた供給価格で薄型化することに苦戦しているそうです。コストの問題で技術の問題ではないようですね。台湾紙「経済日報」の情報です。

4/22 Appleが開発者向けにOS X 10.9.3をリリース
MacRumors(外部サイト)によると、Appleは開発者向けにOS X 10.9.3をリリースしたそうです。ビルド番号は13D45aです。フォーカスエリアは、グラフィックドライバー、オーディオ、Safari、iTunesとの同期です。

4/22 Apple新社屋「Apple Campus 2」の紹介動画を公開
Appleが、米HP社の跡地に建設中の新社屋「Apple Campus 2」の動画を公開しています。4月22日は環境問題を考えるアースディで、これに合わせて環境問題に対するAppleの取り組みを紹介するサイトもリニューアルされました(外部サイト)。

4/22 インテルの次世代Thunderboltは40Gbpsと激速
VR-Zone(外部サイト)によると、米インテル社が開発中の次世代Thunderboltコントローラー「Alpine Ridge」の仕様が明らかになったとのこと。Alpine RidgeはPCI Express 3.0に接続することで、データの通信速度(帯域)が40Gbpsと、現行で最速の20GbpsであるThunderbolt2の2倍になるそうです。一方、消費電力は50%削減されるそうです。電源供給能力は最大100Wです。コネクターは現行より薄型化され、高さが3mmになるとのこと。ただし、現行のコネクターと互換性は保たれるそうです。2015年にリリース予定です。高速化よりも薄型化が気になりますね。より薄いMacBook Airが登場するのかも。

4/22 次期Apple TVはSiriでの操作が可能に
Mac4Ever(外部サイト)によると、iOS 7.1のリソースファイルにSiriがApple TVで利用可能なることをうかがわせる記述が見つかったそうです。具体的には「UIDeviceFamily」の項目に3の値が追加されており、1はiPhone/iPod touch、2はiPad、3はApple TVを定義しているそうです。

4/23 AppleがNikeと共同開発したスマートバンドを年内発売か
BGR(外部サイト)によると、AppleはiWatchではなくスマートバンドを発売する予定とのこと。これは活動量計のほか、ほかのデバイスをジェスチャーでコントロール可能にする機能もあるとのこと。

4/23 開発者登録せずにOS Xのベータ版を無償で入手できる
Apple(外部サイト)は、一般ユーザーがOS Xや純正アプリのベータ版を無償で入手できる「OS X Beta Seed Program」を開始しました。Mac App StoreやApp Storeなどで使っているApple IDを登録することで、「Mac App Store」アプリからベータ版を入手できます。4月23日の時点では、iTunes 11.1.6やOS X 10.9.3のベータ版を入手可能です。

4/23 iPhone6用ボディーのため台湾メーカーが工場を増強
EMSOne(外部サイト)によると、iPhone6のボディーを製造するという噂の台湾キャッチャー社が、約1000億円で中国江蘇省にある宿遷工場の設備を増強するそうです。iPhone6のボディーは金属筐体になるそうです。台湾紙「旺報」の情報です。

4/24 iPhone6の4.7インチモデルのシリコンケースが流出
Unbox Therapy(外部サイト)が、iPhone6の4.7インモデル用のケースのハンズオン動画を公開しています。大きさはNexus 5と同じぐらいですが、かなり薄型になっているようです。また、電源ボタンが本体右側面のSIMトレー上に移動しています。

4/24 元バーバリーCEOは4月末からAppleに
MacRumors(外部サイト)によると、元バーバリーCEOのアンジェラ・アーレンズ氏が、リテール&オンラインストア担当の副社長として4月末からAppleに加わるそうです。

4/24 iPodのクリックホールに特許訴訟で二審でもAppleが敗訴
朝日新聞(外部サイト)によると、iPodに採用されたクリックホイールが、1998年に日本人男性が発明した特許を侵害していることを争った裁判で、二審でのAppleの敗訴が決まったそうです。賠償額は約3億3000万円だそうです。

4/25 指紋認証モジュールの原価は一組500円以下
EMSOne(外部サイト)によると、中国のスマホ向けの指紋認証モジュールは一組500円程度だそうです。中国では、ファーウェイ社やZTE社が指紋認証機能を搭載した機種を検討しているとのこと。

4/25 スマホのNFC搭載がさらに進む?
EMSOne(外部サイト)によると、世界最大の携帯キャリアである中国チャイナ・モバイル社が、NFC搭載スマートフォンの購入者に、補助金として1台あたり500円程度のキャッシュバックを実施するそうです。中国紙である「中国証券報」の情報です。

4/25 iOS7.1.1ではバッテリーの持ちがよくなる?
ZDNet(外部サイト)によると、iOS7.1.1ではバッテリーの持ちが改善されているとのこと。iOS7.0では6時間後のバッテリー残量は74%でしたが、iOS7.1では48%、iOS7.1.1では76%になったそうです。

4/25 Appleがヨセミテやレッドウッドなどの名称を商標登録
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、Appleが米国カリフォルニア州の地名を商標登録しているとのこと。ペーパーカンパニーを使って「Yosemite(ヨセミテ)」「Redwood(レッドウッド)」「Mammoth(マンモス)」「California(カリフォルニア)」「Big Sur(ビッグサー)」「Pacific(パシフィック)」——の6つの地名を登録したそうです。ヨセミテというと、青白Power Mac G3のロジックボードのコードネームですね。

4/25 ティム・クックCEOとランチできる権利を購入可能
MacRumors(外部サイト)によると、昨年のコーヒーに続き、ティム・クックCEOとランチできる権利がチャリティーオークションに出品されているそうです。ランチの場所はApple本社キャンバス内です。オークションは現地時間の2014年5月13日午後2時で終了です。なお、昨年のコーヒーを飲む権利は約6200万円の値がつきました。

4/26 4.7インチのiPhone6のレンダリング画像が流出
MacRumors(外部サイト)によると、UkrainianiPhoneというサイトで4.7インチのiPhone6のレンダリング画像が公開されているそうです。エッジが丸みを帯びたデザインで、SIMカードスロット上部に電源ボタン用の穴が空いてます。レンダリング画像から計算すると、iPhone6の大きさは138×67×6mmになるとのこと。iPhone5sの大きさは123.8×58.6×7.6㎜なので、ひと回り大きくなって1.6mm薄くなるようですね。

4/26 次期iPadにTouch IDが搭載されるのは確実
Mac4Ever(外部サイト)によると、次期iPadにTouch IDが搭載されることを示す記述がiOS7.1の中に見つかったそうです。具体的には、リソースファイル内にデバイス識別子としてiPadを示す2の値が記述されているそうです。


 まもなく発売のMacPeople 6月号(4月28日発売)の特集ラインアップは、GWに見直したいネットワークのすべて、Office for iOS & OneNote for Macの使い方、いま熱いゲーム開発環境Unity入門、App Storeに自作アプリを登録しよう、iPhone液晶保護ガラス強度テストの5本です。

MacPeople6月号はAirMac Extremeが目印
MacPeople6月号
Amazonで購入は表紙をクリック

 さて、好評発売中のMacPeople5月号(3月28日発売)は、Macintosh30周年特集第3弾!「History of Mac OS」と題して、初代MacintoshのSystem 1.0から最新のOS X Mavericksまで歴代Mac OSが受け継いできた仕組みや機能を隅々まで紹介しています。そのほか、WindowsからMacへの乗り換え術、iOS 7.1の新機能紹介、iBeaconの活用テクニックまで盛りだくさんです。

5月号はSystem 1.0とiOS 7.1が目印
MacPeople 5月号(3月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円で読めます

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!