2014年04月26日16時30分

AppleがiPhone5の電源ボタンの交換プログラムを発表|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんにちは。MacPeople/週刊アスキー絶賛兼務中の吉田でございます。さて、本日土曜日なんですが、AppleがiPhone5の電源ボタン(スリープ/スリープ解除ボタン)の交換プログラムを開始しました(外部サイト)。

iPhone 5 Repair

 iPhone5のごく一部のスリープ/スリープ解除ボタンが機能しなくなる、もしくは断続的にしか機能しなくなるという不具合に対応するもので、対象となるのは2013年3月以前に製造されたiPhone5です。

iPhone 5 Repair

 iPhone5は2012年9月に発売されましたので、すぐに手に入れた人から年度末(3月)のキャッシュバックキャンペーンでiPhoneに乗り換えた人まで、とりあえずAppleのウェブサイトで該当するかどうかをチェックしておきましょう。

iPhone 5 Repair

 調べ方は簡単。Appleのウェブサイト(外部サイト)にiPhone5のシリアル番号を入力するだけ。私のiPhone5は対象に含まれるようですが、スリープ/スリープ解除ボタンは正常に動作しています。対象に含まれていても、ボタンの動きが正常なら交換プログラムに申し込まなくても大丈夫のようです。

iPhone 5 Repair iPhone 5 Repair

 iPhone5のシリアル番号は、「設定」アプリの「一般」→「情報」でチェックできます。なお、この交換プログラムは無償で受けられますが、画面が割れているなどのほかの問題があるiPhone5の場合は、修理料金が別途かかる可能性があるのでご注意を。

iPhone 5 Repair iPhone 5 Repair

 交換プログラムに申し込む前に、iPhoneのデータをバックアップしておきましょう。その上で、「設定」アプリの「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツを削除」で、iPhone5をオールリセットしておく必要があります。また、iPhone5のOSがiOS6の場合は、iOS7にアップグレードしておく必要もあります。

 交換プログラムに該当するiPhone5を持っていてスリープ/スリープ解除ボタンの動きがおかしい場合は、2種類の方法でAppleリペアセンターに送付できます。

 修理にかかる時間は、AppleリペアセンターにiPhone5が到着してから4〜6日なので、店頭もしくは郵送で修理を申し込んでから、iPhone5が戻ってくるのは最短でも一週間ぐらいは見ておきましょう。また修理が始まるのは5月2日からなので、それ以前に申し込むとさらに修理されたiPhone5が返却されるまで、プラス数日かかる可能性があります。

iPhone 5 Repair

 1つはApple Storeの直営店や正規サービスプロバイダーでの申し込みです(外部サイト)。こちらに持って行くと、プログラムの対象がどうかを現場で再チェックされ、Apple StoreやサービスプロバイダーがAppleリペアセンターに送付してくれます。修理が完了したら連絡がもらえるので、再度Apple Storeやサービスプロバイダーへ取りに行く必要があります。

 なお、このとき16GBモデルiPhone5を代替機として貸し出してもらえますので、必要な人は、その場で申し出ましょう。

iPhone 5 Repair iPhone 5 Repair

 もう1つは、ピックアップ&デリバリー修理。Appleに電話して送付用の梱包箱を取り寄せ、それに交換プログラムに該当するiPhone5を入れて返送するだけ。ユーザーが送料を負担する必要はありません。ただし、運送業者から梱包箱が送付されてきたら、その場で梱包して運送業者に手渡すことになりますので、事前のバックアップとリセットは忘れずに。

iPhone 5 Repair

 なお、この交換プログラムが始まる前に同様の問題で有償修理していた場合は返金してもらえるので、Appleのサポート(外部サイト)に問い合わせましょう。


 まもなく発売のMacPeople 6月号(4月28日発売)の特集ラインアップは、GWに見直したいネットワークのすべて、Office for iOS & OneNote for Macの使い方、いま熱いゲーム開発環境Unity入門、App Storeに自作アプリを登録しよう、iPhone液晶保護ガラス強度テストの5本です。

MacPeople6月号はAirMac Extremeが目印
MacPeople6月号
Amazonで購入は表紙をクリック

 好評発売中のMacPeople 5月号では、Macintosh生誕30周年記念企画の第3弾として、Mac OS UI/UX変遷史を掲載。初代Macintoshに搭載されたSystem 1.0から最新のOS X Mavericksまでを詳しく紹介しています。また、4月でサポート期限を迎えるXPをはじめ、WindowsからMacに乗り換えるためのさまざまな方法やテクニックも紹介。iOS 7.1のディープな新機能紹介もあります。さらに、注目のiBeaconについて現時点でわかっているすべての内容を特集記事として掲載していますよ。

5月号はSystem 1.0とiOS 7.1が目印
MacPeople 5月号(3月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!