2014年04月25日23時30分

『カオスだもんね!』タミヤRCカーグランプリに出るためにネオ マイティフロッグをつくってみた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

夜10時にKADOKAWAの会議室に呼び出されたミズグチさん。カオスの取材としてはかなり遅いスタートです。

20140425saku


会議室の扉を開けたミズグチさんの目に飛び込んできたのは“星のマーク”の巨大なダンボール!

20140425saku


そして、興奮気味に今回の取材内容を喋り出すアカザーさん。

20140425saku


って、いきなり「タミヤRCカーグランプリのメディア対抗レースに出る!」と言われてもピンと来ないんですが……。

20140425saku


そう、カオスでは10数年前ですが、タミヤが主催するメディア対抗RCカーレースに出たことがあるんです。(『カオスだもんね!』単行本5巻参照)。

20140425saku


当時はシャクライも出場しましたが、素人丸出しで散々の結果だったんですよねぇ。でも今となってはいい思い出……、じゃない男がここに一匹!

20140425saku


どうやらアカザーさんは、あのレースのリベンジをずっと狙っていたみたいです。

20140425saku


そして、ミズグチさんに相談もせず独断でレースにエントリー。その結果として、会議室の机の上にタミヤマークの段ボールが置かれているというワケらしいです。

20140425saku


さっそく段ボールを開けるとそこには、タミヤから発売されたばかりのRCバギー『ネオ マイティフロッグ』(9720円)のキットがひとつ! なんでも、今回は各メディアに1台のみ支給されるこのネオ マイティフロッグを使ってのワンメイクレースだそうです。

20140425saku
20140425saku


ということで、ふたりの役割分担は……。

20140425saku


ミズグチさんもシャクライ同様、以前のレースでは散々の結果。さすがに再度レースに出る自信はないようですが、監督というポジションならギリギリOKのようです。

というワケでさっそくパッケージを開けて製作開始!!

20140425saku


ここでいきなりラジコンマニアであるアカザーさんのネオ マイティフロッグへの熱い想いが大噴出! 完全にミズグチさんはおいてきぼりです……。

20140425saku
20140425saku


ていうかミズグチさんはアカザーさんの話は全然聞いてなかったようです。

20140425saku


ミズグチさんが勝手に取り出したこの品は、プロポとサーボとバッテリーとアンプなど走行に必要な一式がセットになった『ファインスペック2.4G電動RCドライブセット』(1万4904円)です。

さすが世界のタミヤ! プロポやバッテリーまで支給とは太っ腹です。

20140425saku


そしてこの一式の支給は、今回のメディア対抗RCカーレースのレギュレーションの一環でもあるとのこと。

20140425saku


なるほど、みんな同条件でのレースとなるわけですね。ではあらためてネオ マイティフロッグの製作にとりかかりましょう。

20140425saku


そして監督といえどミズグチさんにも現場仕事があるそうで、任されたのはポリカーボネート製ボディーの切り出しです。

20140425saku


まずは切り間違えがないように、アカザーさんのアドバイスどおり油性マーカーで切り取りラインをなぞります。

20140425saku


ミズグチさんによる、かなり不安なボディの切り出し作業が始まりました。

20140425saku


その間、アカザーさんは約1時間ほどでフロントまわりを完成! アカザーさんがラジコンを作り慣れているのもありますが、キット自体もかなり作りやすく進化しているようですね。

20140425saku


さらにリアのギヤボックス周りの組み立てへ。って、いきなりオプションパーツなんか使っちゃって、レギュレーション的に大丈夫なんでしょうか?

20140425saku


なるほど、タミヤ純正品であれば使ってもOKなオプションパーツがあるみたいですね。

そして、ここからがラジコン屋ケンちゃんの真骨頂。アカザーさんがこの10年のラジコン歴で培った製作ノウハウを投入します。

20140425saku
20140425saku


この10年でラジコン豆知識がだいぶ蓄積されたようですね。そしてギヤボックスが完成!

20140425saku


ミズグチさんのほうもボディーの切り出しが終わったようです。

20140425saku


お、自信満々というコトは、会心の出来なんでしょうか? さっそく見せてもらいましょう。

20140425saku

 

ヨレヨレのカットラインに思わず涙目のアカザーさん。かなりガタガタですが、任せた以上文句を言ってはいけません。

その後、アカザーメカ二ックからボロカスに文句を言われたミズグチ監督は、背中に哀愁を漂わせ剥離剤を落とすためにボディ洗浄へ。

20140425saku


ボディの洗浄が済んだら塗装です。塗装にはポリカーボネート専用の缶スプレーを使用。今回アカザーさんは家から3本ほど持参してきたようです。

20140425saku


しかし、ペイントデザインは監督のミズグチさんに丸投げです。任されたミズグチさんは戸惑いながらもマスキングしていきます。

20140425saku


ひと通りマスキングを済ませた後、外に出て塗装開始。そこへ心配してやって来たアカザーさんから塗装のアドバイスが・・・・・・。

20140425saku


缶スプレーでの塗装のやり方をミズグチさんにレクチャーして去って行きました。

20140425saku


ミズグチさんもそれに従って塗装したようなのですが、マスキングを剥がすと案の定・・・・・・!?

20140425saku

またまた失敗。どうやらマスキングが甘く、ところどころに噴きこぼれが!

いやいや、でもこんなの失敗のうちに入らないですよ。シャクライがやったらこれよりももっと酷いことに……。

って、ミズグチさんも別に気にしてないようですね。どうやらデカールを貼ってこのミスをもみ消すようです。

20140425saku


ちなみにこのミズグチさんが貼っているデカールにはモデルアート誌の佐々木さんがつくってくれた、“RCカー用特製週アスロゴデカール”も含まれています。

いつもアカザーさんのムチャぶりを聞いてくださる佐々木さん、本当にありがとうございます。でもそんな佐々木さんの苦労を知らないミズグチさんは「このデカール、切り取り線が入ってないじゃん! ダメじゃん!」と失礼な発言の連発だったそうです。

そんなこんなで、いよいよアカザーさんの作業も終盤。タイヤをホイールに接着し、シャシーに取り付けて……。

20140425saku
20140425saku


そしてデカール貼りが終わった、ミズグチプロデュースによるボディと合体!

20140425saku


ここにネオ マイティフロッグ週アスモデルが完成しました!

20140425saku


製作時間は塗装も含めて約4時間。本当にお疲れ様でした。

20140425saku


いよいよ次回はタミヤRCカーブランプリのメディア対抗レース編です! 大人気ない男(アカザーさん)の大人の力(金)にものをいわせたダーティな走りが炸裂予定です!!

発売されたばかりのタミヤのRCバギー『ネオ マイティフロッグ』の製作レポートは週刊アスキー4/29号(4月15日発売)の『カオスだもんね!PLUS』をチェック!


タミヤ(外部リンク)

ネオ マイティフロッグ(外部リンク)

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp