2014年04月24日15時30分

フランスのシャルル・ド・ゴール国際空港でLTEローミングしてみた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんにちは。MacPeople/週刊アスキー絶賛兼務中の吉田でございます。さて、最近では海外でもLTEでローミングサービスを受けられることをご存じでしょうか。利用できる国や地域はまだまだ限られており、米国と米国の海外領土、カナダ、フランス、スイス、韓国、香港、シンガポール、フィリピンなどとなっています。大手3キャリアで対応状況も異なるので注意が必要です。

 今回は、タイミングよくトルコに出張中の宮野編集長にお願いして、トランジットで立ち寄ったフランスのシャルル・ド・ゴール国際空港でのLTEローミングをリポートしてもらいました。

World LTE World LTE
World LTE World LTE

 まずは空港内の様子から。個人的には1回しか行ったことない空港なので、どこの写真なのかいまいちよくわかりませんが、宮野編集長が元気そうなのは伝わってきます。

World LTE

 それでは1台目での計測。ドコモ端末のXperia Z1で計測してもらいました。海外ローミング時には、まずはキャリアから図のようなSMSが届きます。

World LTE

 早速、スピードテストを実施してみましょう。ドコモ端末ではLTEの電波はつかんでいませんが、ダウンロード速度が14Mbps超といい感じですね。

World LTE

 ドコモやauでは、海外パケット定額のキャリアに自動的に接続するのですが、利用可能なネットワーク一覧では各キャリアをチェックできます。LTEのマークがあるのは、Bouygues(ブイグテレコム)だけですね。

World LTE

 次に、au端末でテストしてみました。「設定」アプリの「モバイルデータ通信」で「LTE回線を使用」がオンになっているかチェックしましょう。

World LTE

 auもキャリアは自動設定されますが、「自動」をオフにすると3つのキャリアの電波をつかめることがわかりますね。

World LTE

 スピードテストの結果はLTEなのにドコモ端末より悪かったです。空港内ということで、電波状態がいまひとつだったことも考えられます。

 3キャリアとも、海外のパケット通信のローミング料金は1日あたり実質2980円とそこそこお高いですが、事前申請の必要もなく空港に降りて即使えるので、数日間の海外旅行にお勧めです。

World LTE

 さて、絶賛発売中の週刊アスキーでは、この海外LTEローミングついて特集を組んでいます。ゴールデンウィークに海外に出かける読者は必読ですよ。ローミングの設定方法から、ローミング以外のネット環境を確保する方法まで網羅しています。

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらをクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!
Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking