2014年04月20日16時00分

Apple TVでジェスチャー操作が可能に?Apple噂まとめ(4/13〜4/19)|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 国内外の噂系サイトで4月13日から4月19日までに出回った内容をまとめました。先週は、iPhone6の金型らしきものや設計図らしきものが相次いでリークされたことで、これまで以上にディテールが明らかになってきました。もちろん、すべてが真実ではないのかもしれませんが、横幅はiPhone5sよりも5mmほど広がり、厚みは2mmほど薄くなるそうです。

 また、Apple TVがジェスチャーでコントロールできるようになるかもという気になる噂も入ってきました。AppleはKinect技術に深く関わったイスラエルのプライムセンス社を買収済みなので、実現するための技術や特許は持ってるはずです。

 さらに次期iPadは、タッチパネルの製造方法を切り替えることで、乱反射の低減による高画質化、タッチパネルの精度の向上などが期待できます。

4/14 iPhone6はiPhone5よりも約5mm幅広に
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、中国のWeiboにiPhone6用の金型のようなものと設計図のようなものの画像が掲載されたとのこと。流出元は台湾フォックスコン社の中国工場らしいです。図面では中央から端までの長さとして31.69という数字があることから、横幅はこの2倍の63.38mmかと思われます。

4/14 iPhone6の厚みはiPhone5sより約2mm厚くなる
EMSOne(外部サイト)によると、iPhone6はiPhone5sよりも2mm以上薄くなるそうです。液晶サイズは4.7/5.7インチに大型化するのは確実のようです。どちらか一方は9月にリリースされるとのこと。またAppleは、iPhone6の製造を、台湾のフォックスコン社とペガトロン社に発注済みのようです。

4/14 アルパインが欧州でCarPlay対応のカーステを今秋発売
日本経済新聞(外部サイト)によると、カーステレオメーカーであるアルパイン(株)がCarPlay対応の車載オーディオを今秋に欧州で発売するとのこと。音声でさまざまな機能を呼び出せるようです。販売価格は日本円で5〜7万円とのこと。

4/14 TSMCがApple A8プロセッサーの受注を独占か
EMSOne(外部サイト)によると、iPhone6などに搭載されるとみられるApple A8プロセッサーの2014年4〜9月の生産を台湾TSMC社が独占するとのこと。台湾の経済紙「工商時報」の情報です。一時は、TSMCでの製造が難航しているという噂があり、韓国サムスン電子社に受注を奪われると懸念されていましたが、持ち直したようですね。

4/15 新型Apple TVにハンドジェスチャー機能が搭載される?
EMSOne(外部サイト)によると、Appleが2014年7〜9月に投入するとみられているApple TVの新モデルにジェスチャーコントロール機能が搭載されるかもしれないとのこと。台湾の経済紙「工商時報」の情報です。現在は、赤外線リモコンのApple RemoteやiOSアプリの「Remote」で制御できますが、ジェスチャーでコントロールできるとなると、かなり便利ですね。ちなみにAppleは、3Dセンサーの開発会社でXboxの初期のKinectに深く関わっていたイスラエルのプライムセンス社を買収済みです。

4/15 iPhone6はiPhone5sよりも100ドル高い
EMSOne(外部サイト)によると、iPhone6は液晶面のカバー素材にサファイアガラスを採用するため、iPhone5sに比べて販売価格が100ドル程度高くなるそうです。サファイアガラスを採用するのは、最上位の64GBモデルのみと言われています。

4/15 中国の4GスマホシェアでAppleがぶっちぎりの首位
EMSOne(外部サイト)によると、2014年2月の中国市場の第4世代高速通信(4G)対応スマートフォンのシェアで、Appleが58.7%で首位だったそうです。2位は韓国サムスン電子社で26.4%、3位は中国クールパッド社で9.4%。ソニー(株)は1.2%で5位とのこと。市場調査会社であるSINO-MR(賽諾市場研究)の調査で、「新浪科」「天極網」など中国メディアからの情報です。

4/15 iWatchの生産台数は1200万台か
MacRumors(外部サイト)によると、Appleが開発中と噂されているウェアラブルデバイスのiWatchは、男女2タイプが存在するうえ1200万台の生産計画があるそうです。なお、韓国LGディスプレイ社がiWatch向けに2種類のフレキシブル有機ELディスプレイを受注したそうです。初回1200万台ぶんで、年内の販売目標は900万台とのこと。NAVERの韓国サイトに掲載された情報のようです。かなり強気の生産体制ですね。

4/15 ソニーのジョブズ映画の制作は難航か
MacRumors(外部サイト)によると、米ソニー・ピクチャーズ社が制作を予定しているスティーブ・ジョブズの映画が暗礁に乗り上げているとのこと。監督の選考が難航しているようです。候補の一人だったデヴィッド・フィンチャー氏とは金銭面で折り合いがつかず、交渉は決裂したとのこと。同氏はソ約10億円の手付金に加えて、映画のマーケティングの権利も主張したいたそうです。ちなみにフィンチャー氏は、映画「ソーシャルネットワーク」などの監督です。

4/15 iPhone6の前面パネルはiPhone5sよりひと回り大きい
「気になる、記になる…」(外部サイト)によると、中国のWeiboにiPhone 6用のフロントパネルらしき写真が公開されているそうです。写真では前面のデザインはiPhone5sとさほど変わらないように見えますね。

4/5 iPhone6の内蔵バッテリーの写真が流出
Nowhereelse.fr(外部サイト)によると、iPhone6の内蔵バッテリーの写真が流出したとのこと。細長くて黒い物体であることしかわからないですが。

4/16 iPhone6の液晶サイズは5.1インチ?
Apple Insider(外部サイト)によると、iPhone6用とされるフロントパネルの写真からディスプレイのサイズは約5.1インチと判明したそうです。アスペクト比はiPhone5sなどと同じ16:10らしいです。4.7/5.7インチの2モデルが既定路線となりつつありますが、どうなんでしょ。

4/16 インドのスマホシェアでソニーがAppleを追い抜いて2位
EMSOne(外部サイト)によると、インドでのスマホシェアでソニー・モバイルコミュニケーションズ(株)がAppleを抜いて2位になったそうです。ソニーは売上ベースで全体の9.1%のシェアだそうです。台湾の経済紙「工商時報」の情報です。

4/16 iPhone6のモックアップが展示会で公開される
Macお宝鑑定団Blog(外部サイト)によると、iPhone6の金属製のモックアップが「香港エレクトロニクス・フェア2014(春)」のブースに展示されていたそうです。背面カメラ横のフラッシュの形状が、iPhone5sから変更されているようです。

4/16 iPhone6のシリコンケース画像が流出、電源ボタンは側面
nowhereelse.fr(外部サイト)によると、iPhone6用らしきシリコンケース画像が流出したとのこと。4.7インチ用のケースのようです。音量調整ボタンがiPhone5cのように横長になっているなどの変化が見られます。また電源ボタンが側面に移動していますね。本物かどうかは微妙ですけど。

4/16 Appleが開発者向けにOS X 10.9.3をリリース
MacRumors(外部サイト)によると、Appleは開発者サイトでOS X 10.9.3をリリースしたそうです。フォーカスエリアは、グラフィックドライバー、オーディオ、Safari、iTunesでの同期となっています。

4/17 AppleがiOS 7.1.1を準備中
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、同サイトのアクセス解析でiOS 7.1.1搭載デバイスが多数認識されているそうです。Apple本社周辺からのアクセスであることから、近々同バージョンがリリースされるのではないかと予想しています。0.0.1のバージョンアップなのでバグフィックスでしょうね。

4/17 CarPlay対応パートナーにパイオニアとアルパイン
Apple(外部サイト)のCarPlayのサイトに、アルパイン(株)とパイオニア(株)が掲載されています。両者はCarPlay対応のカーステレオをリリースすることを発表済みでしたね。

4/17 iOS 8に音楽検索機能が加わる
Bloomberg(外部サイト)によると、Appleは音楽検索アプリ「Shazam」の開発元である米シャザム・エンターテインメント社と提携し、iPhoneのマイクで拾った音楽のタイトルやアーティストを検索する機能を開発中だそうです。検索した楽曲を「iTunes Store」で購入できるほか、Siriでの操作も可能になるとのこと。iOS8の新機能の1つのようですね。

4/17 iPhone6の液晶サイズは4.7/5.7インチで本体色は3種類
nowhereelse.fr(外部サイト)によると、iPhone6のラインアップか記載されたリストが中国のWeiboに投稿されているとのこと。ただのリストなので信憑性は不明ですが、この内容を信じると、iPhone6は4.7/5.7インチの2種類の画面サイズとなり、それぞれ3種類のカラーバリエーションとなるようです。

4/17 iPadのタッチパネルが高品質に
EMSOne(外部サイト)によると、iPadのタッチパネルを従来のエアポンディングからダイレクトボンディングに変更するそうです。この変更により、タッチパネルの単価が30ドルから100ドルにアップするそうで、Appleにタッチパネルを供給している台湾TPK社の業績アップが期待されています。ユーザーとしてはこの変更が、iPadの価格に跳ね返ってくるか心配ですね。ちなみに米グーグル社が販売しているNexus 7(2013)のタッチパネルはすでにダイレクトボンディングです。Nexus 7では、液晶画面とベゼルの境界を見ると、カバーガラスと液晶パネルに隙間がないことがわかります。iPadだと影のように隙間が見えます。ダイレクトボンディングの採用で、乱反射が防げるほか、タッチパネルの精度が上がるようです。

4/18 iPad Air 2のフロントパネル画像が流出か
MacRumors(外部サイト)によると、iPad Airの第2世代と考えられるフロントパネルの部品画像が、オランダの情報サイトOne More Thingsから流出しているとのこと。現行のiPad Airはフロントパネルと液晶パネルが独立していますが、流出画像ではこれらが一体化しているという違いがあります。iPad Air 2はTouch IDなどを搭載して2014年末までにリリースされるという噂です。

4/18 ナイキがFuelbandの開発チームを解雇か
CNET(外部サイト)によると、米ナイキ社は同社のウェアラブルデバイスである「Fuelband」開発チームの大半を解雇したとのこと。70人中の55人を解雇したという情報もあるそうで、同社はハードウェア市場からの撤退を検討しているそうです。ただし、「気になる、記になる」(外部サイト)経由、「Re/code」(外部サイト)によると、この報道の一部を否定し、Fuelbandのアプリの改良やカラーバリエーションの追加、製品のサポートなどは当面の間継続するそうです。一方で、デジタルスポーツ部門の人員を少人数解雇したことは認めているので、撤退を含めて議論しているのは間違いないようですね。

4/18 CarPlayのハンズオン画像を公開
The Verge(外部サイト)が、iOSの車載モードであるCarPlayが動作している映像を公開しています。ニューヨークで開催されているモーターショーでの風景を撮影したものです。現地では、ボルボ、ベンツ、ヒュンダイの展示車にCarPlayが内蔵されていたそうです。

4/19 純正「マップ」アプリにネッシーが写っている?
「気になる、記になる…」(外部サイト)によると、純正の「マップ」アプリで英国・スコットランドのネス湖を拡大していくと、ネッシーらしき影が写っていると話題になっているそうです。該当箇所(外部サイト)を拡大していくと、ネッシーらしき巨大生物の影が写っています。影はエイっぽいですね。

4/19 iOS8を搭載したiPhone5sの写真が流出
PhoneArena(外部サイト)によると、iOS8が動作しているiPhone5sの画像が流出しているとのこと。HealthbookやTextEditアプリのアイコンが確認できます。本物かどうかは微妙ですね。


 さて、好評発売中のMacPeople5月号(3月28日発売)は、Macintosh30周年特集第3弾!「History of Mac OS」と題して、初代MacintoshのSystem 1.0から最新のOS X Mavericksまで歴代Mac OSが受け継いできた仕組みや機能を隅々まで紹介しています。そのほか、WindowsからMacへの乗り換え術、iOS 7.1の新機能紹介、iBeaconの活用テクニックまで盛りだくさんです。

5月号はSystem 1.0とiOS 7.1が目印
MacPeople 5月号(3月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

 またMacPeople 4月号では、Macintosh30周年特集第2弾として、Macintosh PortableやPowerBookなど歴代ノート型Macをたっぷり紹介しています。そのほか、2014年知っておきたい最新テクノロジー解説、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、じっくり楽しんでいただけること間違いなしです。そしてMacPeople 3月号は、Macintosh30周年特集第1弾として、「30th Anniversary Macintosh」を掲載しています。歴代の一体型/デスクトップ型として初代MacintoshからSE、SE/30、Color ClassicなどのコンパクトMac、Macintosh IIやIIci、IIsi、IIfx、LC475などのセパレート型Macの驚愕のテクノロジーをひも解いていきます。また第2特集では、最新のMac Proも詳しく紹介しています。3号まとめて手に入れると、30年間のMacの歴史が丸わかりですよ!

4月号はPortableと両Airが目印
3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople 4月号(2月28日発売) MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック
Amazonで購入は表紙をクリック

【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円で読めます

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!