2014年04月15日21時00分

「Googleトレンド」のスクリーンセーバーで旬のキーワードをゲット|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ネットの「いま」を映し出す鏡

 Googleが提供している『Googleトレンド』は、文字通りいまトレンドとなっているキーワードがわかるサービスです。世界中のGoogleユーザーが検索に使っている言葉を分析し、どんなキーワードが旬なのかを提示してくれます。まさに、ネットの世界の「いま」を映し出す鏡と言えるでしょう。

140415_moro_trend

 さて、そんなGoogleトレンドのサイトでは、同サービスと連動するスクリーンセーバーが配布されています。OS X版も配布されているので、ダウンロードしてみましょう。

140415_moro_trend

 ダウンロードするとイメージファイルが開き、図のようなウィンドウが表示されます。「Google Trends.saver」をダブルクリックしてインストールしましょう。

140415_moro_trend

 「システム環境設定」の「デスクトップとスクリーンセーバ」パネルが開き、ダウンロード先を指定する画面が表示されます。いずれかを選んで「インストール」をクリック。

140415_moro_trend

 「デスクトップとスクリーンセーバ」パネルの「スクリーンセーバ」タブを開くと、画面左のリストに「Google Trends」が追加されているはずです。これをクリックすれば、右側に画面がプレビューされます。

140415_moro_trend

 「スクリーンセーバのオプション」をクリックすると上のような画面が表示され、表示するキーワード数(行・列)や抽出対象となる地域を指定できます。国内のトレンドを知りたい場合は、「Region」ポップアップメニューで「Japan」を選べばOKです。

140415_moro_trend

 スクリーンセーバーが開始されると、上のように人気急上昇中のキーワードがタイル状に表示されます。

140415_moro_trend 140415_moro_trend 140415_moro_trend

 キーワードの情報はリアルタイムで取得され、数秒ごとにパタパタと切り替わっていきます。人気のキーワードは繰り返し表示されるので、その言葉がいかにホットなのかがわかるわけです。

 次々と表示されるキーワードを何気なく見ているだけでも、企画立案やアイデア出しのヒントになります。営業やマーケティングの参考にもなるはずです。煮詰まったときはパソコンの操作を中止してスクリーンセーバーを眺めるのも手です。思わぬグッドアイデアが出てくるかもしれませんよ。


 さて、好評発売中のMacPeople 5月号では、Macintosh生誕30周年記念企画の第3弾として、Mac OS UI/UX変遷史を掲載。初代Macintoshに搭載されたSystem 1.0から最新のOS X Mavericksまでを詳しく紹介しています。また、4月でサポート期限を迎えるXPをはじめ、WindowsからMacに乗り換えるためのさまざまな方法やテクニックも紹介。iOS 7.1のディープな新機能紹介もあります。さらに、注目のiBeaconについて現時点でわかっているすべての内容を特集記事として掲載していますよ。

5月号はSystem 1.0とiOS 7.1が目印
MacPeople 5月号(3月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp