2014年04月14日15時05分

日本初のSIM自動販売機が関空に登場! So-netが4月22日から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 So-netが外国人観光客向けに、データ専用プリペイドSIM『Prepaid LTE SIM』を4月22日に発売する。販売する空港は成田国際空港、関西国際空港、新千歳空港(5月中旬から)。また、SIM自動販売機(24時間営業)を、関西国際空港に設置すると発表した。

So-netが日本初のSIM自動販売機
↑自動販売機の色はNURO光のイメージを継承したブラック。海外でも認知度の高いSONYロゴを入れることで、安心して利用してもらえるよう配慮している。

 自動販売機の設置は国内初。設置場所は到着口を出てすぐとなる南到着口 左、北到着口 右のインターネット&テレフォンコーナーの2ヵ所。成田国際空港に関してはモバイルセンター成田第一店の店舗カウンター(営業時間7時30分~21時)、新千歳国際空港も同じくモバイルセンター(営業時間8時~17時)での販売となる。

 SIMの通信速度は下り最大150Mbps/上り50Mbps。サイズは標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの3種類で、100MBと500MBの2プランを用意する。

So-netが日本初のSIM自動販売機

■販売価格
 100MB(30日間) 価格 3000円(税込)
 500MB(60日間) 価格 5000円(税込)

※料金は販売店によって異なる場合があります。

■追加チャージ
 200MB(30日間) 価格 1620円(税込)
 500MB(30日間) 価格 2160円(税込)
 1GB(60日間)   価格 3065円(税込)

※チャージにはクレジットカード登録が必要です。

So-netが日本初のSIM自動販売機

 英語、日本語の電話サポートはもちろんのこと、サービス用サイトは英語、日本語に加えて中国語もカバー。マニュアルではさらに韓国語、タイ語と幅広くカバーしている。SIMカードはレンタル品となるため、紛失時には3240円が必要。

 空港以外でも販売。秋葉原のあきばお~零(ぜろ)、弐號店(2号店)、伍號店(5号店)、ラオックス秋葉原店、新宿のBOOK OFF新宿西口店(販売は4月25日予定)、池袋のビックウェスト・インターナショナルでも販売する。

【4月14日21時30分】追加チャージ金額について、税込表記を修正致しました。お詫びして訂正いたします。

■関連サイト
So-net Prepaid LTE SIM

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

41人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp