2014年04月14日14時00分

画質も使いやすさも進化した東芝4Kレグザ 最新“Z9Xシリーズ”登場!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 東芝は4月14日、最新の4Kレグザ『Z9X』シリーズおよび『J9X』シリーズを発表。さらなる4K画質のアップはもちろん、過去番組表に4K対応グラフィックを採用し、タイムシフトマシンがさらに使いやすく進化している。また、“4Kゲームターボ”機能による遅延の少ない画面表示で、高画質アクションゲームも快適に楽しめる!

regza_Z9

 最新4Kレグザのラインアップは合計5モデル。タイムシフトマシン搭載の上位シリーズ『Z9X』の4モデルと、機能と価格を抑えた『J9X』シリーズの1モデルとなっている。いずれも直下型の広色域LEDを採用した4Kパネルなどにより、“プレミアム4K”と呼ぶにふさわしい高画質に進化しているという。

 

タイムシフトマシン搭載、4Kレグザ『Z9X』シリーズ

regza_Z9X

↑4Kレグザ『Z9X』シリーズは、(左下より)50インチ、58インチ、65インチ、84インチを用意。いずれもタイムシフトマシンや“ざんまいプレイ”といった録画/再生機能を搭載し、過去番組表から見たい番組を選べる。

●4Kレグザ『Z9X』シリーズ(※価格はすべて税抜き)
84Z9X(84インチ)

希望小売価格 180万円前後(7月中旬発売予定)
65Z9X(65インチ)
予想実売価格 63万円前後(5月中旬発売予定)
58Z9X(58インチ)
予想実売価格 43万0000円前後(5月中旬発売予定)
50Z9X(50インチ)
予想実売価格 32万円前後(5月中旬発売予定)


高画質シンプル機能、4Kレグザ『J9X』シリーズ

regza_Z9

↑上位シリーズと同等の“プレミアム4K”画質を備え、一方でタイムシフトマシンなどの機能を省くことでリーズナブルな価格設定となっている。

●4Kレグザ『J9X』シリーズ(※価格は税抜き)
40J9X(40インチ)

予想実売価格 23万円前後(7月下旬発売予定)


『Z9X』シリーズは4K対応グラフィックで
タイムシフトマシンがさらに使いやすく進化

regza_Z9

↑タイムシフトマシンで録画した番組を一覧する過去番組表が4K対応グラフィックになり、従来の2Kグラフィック番組表に比べて表示できる情報量と見やすさがアップ(上画面は7チャンネル、6時間表示)。

 

regza_Z9

↑9チャンネル、12時間の番組表もこのとおり。

 

高画質のアクションゲームが快適に楽しめる!

regza_z9_game

↑“新4Kゲーム・ターボ”機能を搭載し、高画質のアクションゲームでも遅延が小さく、快適にプレイできる。上の画面はゲームモード“ON”のときと“OFF”のときとで画面の動きを比較。

 

新デザインを採用したリモコン

regza_Z9

↑タイムシフトマシンのメインボタンをはじめ、使用頻度の高いボタンを中央に配置し、操作性がアップ。
 

 このほかにも4Kレグザは、部屋の明るさや照明の種類などを検知して視聴環境に合わせて画質を自動を調整する“おまかせオートピクチャー”を搭載するなど、使いやすさと見やすさを兼ね備えた仕上がりとなっている。

■関連サイト
東芝 REGZA

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking