2014年04月09日12時00分

iPadでRAW現像を実現! AdobeのLightroom mobileレビュー|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 RAW現像アプリとして7年の歴史を持つAdobe Systemsの「Photoshop Lightroom」に、ついにiPad版が登場した。「Lightroom mobile」ではデジタルカメラで撮影したRAW写真はもちろん、iPadで撮影したJPEG写真も取り込んで現像できる。まずはiPad版のリリースだが、2014年内にはiPhone版も予定されている。また、アプリ自体は無料だが、使用には2点ほど注意が必要だ。

 まず、アプリの利用には、「Creative Cloud」(関連サイト)、あるいは「Photoshop写真家向けプログラム」(関連サイト)に加入している必要がある。「Adobe Photoshop CC」や「Adobe Lightroom 5」の単体アカウントでは利用できないので注意しよう。ただし、これらのアカウントがなくとも30日間は無償で利用できるので、iPadでのRAW現像を試してみたいなら試用版から試してみるのもいいだろう。

 もうひとつはiPad版ではあるものの、基本的にMacやWindowsで動作する「Adobe Photoshop Lightroom 5.4」(以下、デスクトップ版)のライブラリをクラウド同期させることを想定したアプリだということだ。本アプリ単体での利用も不可能ではないが、基本的にはデスクトップ版で構築したライブラリをクラウドベースで読み込む。

Lightroom mobile

↑デスクトップ版「Adobe Photoshop Lightroom」のバージョン5.4も4月8日に公開された。Creative Cloudへのサインイン機能が追加されている。

Lightroom mobile

↑iPad版で写真を読み込むためにはコレクションの設定で「Lightroom mobileと同期」を有効にしておく必要がある。

 この続きの詳しいアプリレビューは、ぜひiPhonePLUS(関連リンク)の解説記事を読んでください!

※2014年4月9日14:00、iPhonePLUSへのリンクを修正しました。

 さて、MacPeople 5月号(3月28日発売)は、Macintosh30周年特集第3弾!「History of Mac OS」と題して、初代MacintoshのSystem 1.0から最新のOS X Mavericksまで歴代Mac OSが受け継いできた仕組みや機能を隅々まで紹介しています。そのほか、WindowsからMacへの乗り換え術、iOS 7.1の新機能紹介、iBeaconの活用テクニックまで盛りだくさんです。 

5月号はSystem 1.0とiOS 7.1が目印
MacPeople 5月号(3月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!