2014年04月02日18時00分

iOS7と7.1ではキーボードのデザインが微妙に変わってるってお気づき?|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iOS 7.1でフラットデザインの見直しを図ったApple

 iOS 6.xからiOS 7へのアップデートでは、ユーザーインターフェース(UI)に「フラットデザイン」が取り入れられ、大きな話題となりました。それまでのクッキリハッキリしたデザインから、iOS 7では細い線や淡いコントラストのデザインに変わり、文字通りフラットなUIへと変貌しました。

 「カッケー! これこそAppleのUIデザインの真骨頂だ」と賞賛される一方で、「ボタンがボタンだと認識しづらい、フォントが細すぎてみにくい」などという批判も聞かれました。ユーザーのそんな声を反映してか、先日リリースされた最新バージョンのiOS 7.1では、UIの一部に変更が加えられています。

140402_moro_3toku

 一見しただけではわからないような違いですが、文字入力用のソフトウェアキーボードにも変化が見られます。まず、文字がわずかに太くなりました。iOS 6.xの頃に比べればそれでも細いのですが、7.0.6よりも文字がハッキリ見えるようになっています。

 また、「shift」および「delete」キーも変わっています。7.0.6ではグレー地に黒い線でキーのマークが描かれていたのが、白抜きで描かれるようになり、文字キーと区別しやすくなりました。また、「shift」キーのオンや固定(Caps Lock)といった状態が白地に黒のマークで表現されるようになっています。

140402_moro_3toku

 それから、7.1では各種のパーツが「丸」に統一されています。一番わかりやすいのは「電話」アプリの画面でしょう。「応答」や「拒否」、「スライドで応答」などのボタンが丸形になり、デザイン的な統一感が出ると同時に、間違って隣のボタンを押すというトラブルも回避しやすくなっています。

140402_moro_3toku

 MacPeople 5月号の第3特集『iOS 7.1スタートガイド』では、こうしたUIの変更を含むiOS 7.1の新機能・変更点を網羅しています。さらに、この春からiPhoneを使い始めたという人のための、便利テクニックやトラブルシューティングガイドといった基本情報も掲載。保存版として持っておくと重宝すること請け合いです。

 


 ほかにもMacPeople 5月号には、読み応え十分の特集が満載です。第1特集では、4月でサポート期限を迎えるXPをはじめ、WindowsからMacに乗り換えるためのさまざまな方法やテクニックも紹介しています。

 第2特集では、Macintosh生誕30周年記念企画の第3弾として、Mac OS UI/UX変遷史を掲載。初代Macintoshに搭載されたSystem 1.0から最新のOS X Mavericksまでを詳しく紹介しています。

 さらに第4特集は、注目のiBeaconの仕組みからプログラミングまで、専門誌並みの情報を紹介。iBeaconについていま最も詳しく紹介している雑誌といってもいいくらいです。

5月号はSystem 1.0とiOS 7.1が目印
MacPeople 5月号(3月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

 また、MacPeople3月号と4月号では、Macintosh30周年特集の第1弾、2弾として、歴代の一体型/デスクトップ型Macをまとめた「30th Anniversary Macintosh」特集、Macintosh PortableやPowerBookなど歴代ノート型Macをまとめた「PowerBook MacBook History」特集を掲載しています。ぜひ、3号セットでご覧下さい。

4月号はPortableと両Airが目印
3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople 4月号(2月28日発売) MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp