2014年04月04日12時00分

好きなフォントで表現できるiPadアプリに惚れた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AnyFont

『AnyFont』
バージョン:1.1
App Store価格:200円
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 いや〜、iPadのフォントを入れ替えられるなんて初耳!『AnyFont』のおかげでiPadを使うのが一段と楽しくなってきた!

さまざまなフォントを選択できる
AnyFont

 AnyFontは、パソコンや別アプリから任意のフォントを取り込み、iOSの“プロファイル”に追加できるアプリ。AnyFontを使えば、好きなフォントを選択可能なメモアプリで利用できる!

愛用アプリが対応しているなら買い!
AnyFont

 「全アプリで使える!」と言えれば最高なんだけど、今のところそうではない。おもなメモアプリなどで確認してみたところ、AnyFontが使えるアプリとそうでないアプリはほぼ半々って結果。逆に言うと、Pagesや7notesを愛用中ならAnyFontは即買い!

・AnyFontでフォントを変更できたアプリ
Pages
Keynote
Numbers
iライターズ
Documents 5
PDF Expert 5
7notes for iPad
7notes mini (J) for iPhone
7notes mini Free (J) for iPhone
Cute CUT Pro

・AnyFontでフォントを変更できなかったアプリ
iMovie
iPhoto
iライターズLite
Evernote
EverMemo
Clever HD
PlainText 2
Instapaper
Readability
Flipboard

インパクトのある資料作成にもグッド
AnyFont

 追加したフォントを自分で眺めて楽しめるだけじゃない!例えばKeynoteなら、追加したフォントでスライドを作ってプレゼン。Pagesなら、追加したフォントのままPDFに書き出して同僚に配布。インパクトのある資料を、みんなに自慢したい気分!

ZIPでまとめて取り込める
AnyFont

 準備は意外とカンタン。まず有志のみなさんなどが配布している任意のフォント(拡張子「.ttf」のTrueTypeフォントまたは「.otf」のOpenTypeフォント)をAnyFontに取り込み、タップでインストールのみ。ZIP圧縮ファイルから複数フォントをまとめて取り込めラクチン。

iTunesから取り込む
AnyFont

  ZIP以外は取り込めないので、いったんPCでダウンロードし、iTunes“ファイル共有”から取り込もう!ちなみにメールやDropboxなど別アプリの“次の方法で開く”からも取り込める。

あとは指示に従えばオーケー
AnyFont

 最後にAnyFontで任意のフォントをタップ。中央のアイコンに続き、プロファイルの“インストール”を“完了”すれば準備完了!インストール前に右上の“Preview”から見た目を確認可能ッス。

インストール時に日本語があるとエラーになる
AnyFont

 インストールできたかの確認やフォントの削除は『設定』アプリ→“一般”→“プロファイル”から行なってね。ちなみに、フォントのファイル名に日本語が含まれているとインストールできないけど、日本語を英数字に変更すればうまくインストールできるよ。

 残念ながら、現在公開されているAnyFontは有料版のみ。せめて自分の愛用アプリで使えるか、購入前に確認できるお試し版が欲しい!

『AnyFont』
App Store価格:200円
(価格は記事掲載時点のものです)
作者:Florian Schimanke

AppStore アプリをダウンロード

その他のアプリの記事はコチラ
・iPhone&iPadアプリレビュー

ヤシマノブユキさんのサイト
WorP@holic わ~ぱほりっく

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!