2014年04月01日21時00分

2段階認証対応! GmailをOS Xの「メール」アプリで管理する方法|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「インターネットアカウント」パネルでアカウントを追加

 ネット環境とウェブブラウザーさえあれば、OSやハードを問わずに読めるのがGmailの長所。メインのメールアカウントとして使っている人も多いと思います。とはいえ、Macユーザーの中には「メール」アプリを使いたいという人もいるでしょう。

 実際、「ルール」機能によるフォルダー分けや「スマートフォルダ」などの便利さは捨て難いものがあります。そういう人は、「メール」アプリにGmailのアカウントを登録すればいいんです。やり方は以下の通り。

140401_moro_mail

 まずは、「システム環境設定」の「インターネットアカウント」パネルを開きましょう。

140401_moro_mail

 パネルの右側に表示されたサービスの一覧から、「Google」を選んでダブルクリックします。

140401_moro_mail

 入力欄が表示されるので、ここにGmailのユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力します。Googleの「2段階認証」を設定していない場合は、たったこれだけで登録完了です。

 より高度なセキュリティーを実現する「2段階認証」を導入している人は、あと数ステップの手続きが必要です。やや面倒ですが、Googleのアカウントを乗っ取られたら甚大な損害を被る可能性があるので、あらかじめ設定しておくことをお勧めします。
 

2段階認証用のパスワードを発行する

140401_moro_mail

 2段階認証を導入している場合は、メールアドレスとパスワードを入力後、上のようなメッセージが表示されます。「アプリケーション固有のパスワード」とは、Googleのサービスを利用する個々のアプリに対して必要に応じて発行されるパスワードです。

140401_moro_mail_05+

 というわけで、ウェブブラウザーでGoogleのトップページを開き、自分のGoogleアカウントでログインしましょう。すでにログインしている人は次のステップに進んでください。

140401_moro_mail

 右上のアカウント名をクリックすると、メニューがポップアップします。ここで「アカウント」をクリックしてアカウント情報のページに進みましょう。

140401_moro_mail

 画面上部の「セキュリティ」をクリックすると上の画面が表示されます。「パスワード」欄の「アプリのパスワード」をクリックすると、下のようなアプリケーション固有のパスワード発行画面が表示されます。

140401_moro_mail

 どのマシンのどのアプリかがすぐにわかるような文字列を「名前」欄に入力し、「パスワードを生成」をクリック(上)。すると、アプリケーション固有のパスワードが表示されます(下)。これをコピーしましょう。

140401_moro_mail

 改めて「インターネットアカウント」パネルの入力画面に戻り、「パスワード」欄にコピーしたパスワードをペーストしたら、「設定」ボタンをクリックしましょう。これでアカウントが認証され、次のステップに進めるはずです。

140401_moro_mail

 Gmailのほかに連絡先やカレンダーなど、同期可能な項目が表示されるので、必要なものをチェックして「完了」をクリック。これで登録完了。「インターネットアカウント」パネルのリストに、Gmailのアカウントが表示されます。

140401_moro_mail

 「メール」アプリを起動してみるましょう。「メールボックス」の「受信」欄にGmailの受信箱が追加されているはずです。あとは、必要な「ルール」なり「スマートフォルダ」なりを適用して、自分好みに分類すればOK。

 もちろん、iCloudのメールやプロバイダーメールなど、ほかのメールアカウントも並行して運用できます。大事なメールはやっぱりローカルで管理したい、という人に使ってほしいテクニックです。


 * * *
 

 さて、絶賛発売中のMacPeople 5月号では、Macintosh生誕30周年記念企画の第3弾として、Mac OS UI/UX変遷史を掲載。初代Macintoshに搭載されたSystem 1.0から最新のOS X Mavericksまでを詳しく紹介しています。また、4月でサポート期限を迎えるXPをはじめ、WindowsからMacに乗り換えるためのさまざまな方法やテクニックも紹介。iOS 7.1のディープな新機能紹介もあります。さらに、注目のiBeaconについて現時点でわかっているすべての内容を特集記事として掲載していますよ。

5月号はSystem 1.0とiOS 7.1が目印
MacPeople 5月号(3月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

 またMacPeople 4月号は、Macintosh30周年特集企画の第2弾として、Macintosh PortableやPowerBookなど歴代ノート型Macをたっぷり紹介しています。そのほか、2014年知っておきたい最新テクノロジー解説、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、じっくり楽しんでいただけること間違いなしです。

 さらに、MacPeople 3月号では、Macintosh 30周年を記念した特集記事を組んでいます。初代Macintoshのさまざな写真はもちろん、SE、SE/30、Color ClassicなどのコンパクトMac、Macintosh IIやIIci、IIsi、IIfx、LC475などのセパレート型Macの驚愕のテクノロジーをひも解いていきます。もちろん、68K MacだけでなくPowerPC搭載のiMacやPower Mac、インテルCPU搭載マシンを含む一体型、デスクトップ型すべてです。そして第2特集では、最新のMac Proを詳しく紹介。この2つの特集記事だけで80ページ以上もありますよ!

4月号はPortableと両Airが目印
3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople 4月号(2月28日発売) MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!