2014年03月28日14時00分

iPhone版Office 日本でも無料でリリース開始! ただしiPad版はまだ|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

日本ではiPhone版を先行リリース

 既報の通り、米国ではiPad版の『Microsoft Office』アプリがリリースされ、話題となっています。『Word』『Excel』『PowerPoint』がそれぞれ独立したアプリとして提供されており、いずれも無料。ところが日本のiTunes Storeではリリースの気配がなく、ぐぬぬ……と思っていたところに、iPhone版が公開されたという報が。

140328_moro_office

 実際にiTunes Storeにアクセスしてみると、確かにiPhoneアプリの『Microsoft Office Mobile』が登録されています! どうやらiPad版とは違い、Officeスイートをひとつのアプリにまとめた仕様のようです。早速ダウンロードしてみました。

140328_moro_office

 ダウンロードした『Microsoft Office Mobile』のアイコンをタップして起動します。

140328_moro_office 140328_moro_office 140328_moro_office

 スタートアップ画面が表示され、スワイプしていくとアプリの概要が説明されます。なお、本アプリを使用するにはMicrosoftのアカウントが必要。

140328_moro_office 140328_moro_office

 すでに『OneDrive』を使っている人は、そのアカウントでサインインしましょう。アカウントを持っていない人は、Microsoftのサイトでアカウントを作成すればOKです。
 

『Microsoft Office Mobile』を使ってみる

140328_moro_office

 無事にサインインできると、「最近使った項目」がリスト表示されます。ここにはサンプルのほか、パソコン版のOfficeで作成し、OneDriveにアップしておいた書類も表示されます。

Word Excel PowerPoint
140328_moro_office 140328_moro_office 140328_moro_office

 左から、Word、Excel、PowerPointのサンプルドキュメントです。サンプルは英語ですが、アプリ自体は日本語に対応しているので心配無用です。なお、iPhone側で書類を作成できるのはWordとExcelのみで、PowerPointは書類の閲覧のみ可能です。

140328_moro_office

 Wordの新規書類を作成してみました。編集できる内容は非常に限られており、基本的にはテキストの入力のみです。右上にある「書式」ボタン(目のアイコンの左)をタップすると、文字のサイズや色などを変えられるメニューが出てきます。

 ただ、この設定は入力済みのテキストには適用できず、設定後に入力する方式になっています。使える文字の色も限られており、文字サイズもポイント数を指定することはできず「+」「−」ボタンで変えられるのみです。フォントの種類も変えられません。

140328_moro_office

 続いてExcel。こちらもあまり凝った編集はできず、数値/文字の入力と一部の書式変更のみ。ただし、グラフ作成機能は備えており、シートに入力した数値から棒グラフや線グラフ、円グラフなどを作れます。

140328_moro_office

 iPhone側で作成したWord書類をMac版のOfficeで開いてみました。入力したものが実際にどうレイアウトされているのかは、パソコン側で見てみないとわからないという感じです。

 というわけで、軽く使ってみた限りでは、iPhone版Officeは、パソコン側で作った書類のプレビューと、それらの部分的な修正といった用途を想定しているようです。iPhone側でイチから書類を作るというのは現実的ではありません。iPhoneの小さい画面ではこれが限界なのかもしれませんが、編集についてはもう少し高度な機能が欲しかったところ。

 やはり本命はiPad版でしょう。早く日本でもリリースされることを期待したいですね。
 

 さて、絶賛発売中のMacPeople 5月号では、Macintosh生誕30周年記念企画の第3弾として、Mac OS UI/UX変遷史を掲載。初代Macintoshに搭載されたSystem 1.0から最新のOS X Mavericksまでを詳しく紹介しています。また、4月でサポート期限を迎えるXPをはじめ、WindowsからMacに乗り換えるためのさまざまな方法やテクニックも紹介。iOS 7.1のディープな新機能紹介もあります。さらに、注目のiBeaconについて現時点でわかっているすべての内容を特集記事として掲載していますよ。

5月号はSystem 1.0とiOS 7.1が目印
MacPeople 5月号(3月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

 またMacPeople 4月号は、Macintosh30周年特集企画の第2弾として、Macintosh PortableやPowerBookなど歴代ノート型Macをたっぷり紹介しています。そのほか、2014年知っておきたい最新テクノロジー解説、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、じっくり楽しんでいただけること間違いなしです。

 さらに、MacPeople 3月号では、Macintosh 30周年を記念した特集記事を組んでいます。初代Macintoshのさまざな写真はもちろん、SE、SE/30、Color ClassicなどのコンパクトMac、Macintosh IIやIIci、IIsi、IIfx、LC475などのセパレート型Macの驚愕のテクノロジーをひも解いていきます。もちろん、68K MacだけでなくPowerPC搭載のiMacやPower Mac、インテルCPU搭載マシンを含む一体型、デスクトップ型すべてです。そして第2特集では、最新のMac Proを詳しく紹介。この2つの特集記事だけで80ページ以上もありますよ!

4月号はPortableと両Airが目印
3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople 4月号(2月28日発売) MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円で読めます

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!