2014年03月22日21時00分

[速報]棋電王戦第二局は95手まででコンピューターの勝利!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

人間側が2連敗であとがなくなった!!

将棋電王戦第二局

 誰もいない両国国技館で行なわれていた第3回将棋電王戦は、95手まででやねうら王が勝利した。これで対戦成績はコンピューターの2勝で、人間側はあとがなくなった。第3局は、大阪・あべのハルカスにて3月28日に行なわれる。

 やねうら王の先手で始まったこの対局。初手に▲1六歩と端歩を突くという、これまでなら人間側がコンピューターを撹乱させるさせるために打つような手を指してきた。佐藤六段は、落ち着いて△1四歩と角筋を開ける。序盤のやねうら王の挑発的な指し手に対して、佐藤六段は穏便な指し手で自陣をしっかり囲っていった。午前中は、駒組みが中心で進み、昼食休憩に。

将棋電王戦第二局

昼ごろの佐藤六段。終始表情は固かった。

 午後に入り、駒組みが続いたが、ようやく駒が当たったが3時のおやつが出されたあと。

 5時ごろまででツツカナの評価だが、佐藤六段の130で優勢だった。しかし夕食休憩終了直後の52手目▲同歩としたことで、形成が逆転。一時期は-700台まで差が開いた。
 ところが、69手目の△6四角で一気に評価値をやねうら王が下げ200台に。控室でこの手を出したら形勢逆転だと言っていた手を指したので、一気に盛り上がる。

将棋電王戦第二局

控室でも一喜一憂って感じでした。特に終盤は逆転しそうだったので残念。

将棋電王戦第二局

 しかし、その後▲6七香成りが具合が悪く再びズルズルと差が開き、20時前にとうとう佐藤六段は1分将棋に突入。20時すぎ83手目の△7五歩に対し▲同角で、評価値がとうとう4桁に突入。一気に-1791になり敗戦ムードが漂った。そのまま挽回できず、95手まででやねうら王が勝利した。

将棋電王戦第二局

佐藤六段が投了した時のニコ生映像。

将棋電王戦第二局

終局後のインタビューでは、磯崎氏がやねうら王は終盤まで五分五分だったと語った。

 第二局の詳細レポートは後日アップします。第3局は大阪へ行って取材しますよ!お楽しみに。

●関連サイト
『GALLERIA 電王戦』モデル
日本将棋連盟
第3回将棋電王戦のページ
将棋電王トーナメント

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!