2014年03月18日21時00分

知らない単語に出会ったらOS Xの辞書機能でサクッと調べよう|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コンテクストメニューで「辞書」を呼び出す

140318_moro_dic

 OS Xには標準で辞書機能が付属しています。ウェブページやメールメッセージを読んでいて知らない単語が出てきたら、その文字列を選択した状態で右クリック(または「control」キー+クリック)でコンテクストメニューを呼び出しましょう。いちばん番上の「"○○"を調べる」を選べば、説明文がポップアップするんです。

 なお、他社製アプリなどでは、コンテクストメニューの一番上ではなく、中ほどに「辞書を検索」という項目が表示されることもあります。この場合も利用する機能は同じです。

140318_moro_dic

 この機能では、国語事典、英和/和英辞典、Apple用語、Wikipediaの4つの辞書を串刺し検索してくれます。複数の辞書に説明がある場合は、辞書名とその説明の一部が表示されるので、目的の辞書を選んでクリックすれば、全文を読めます。

 わからない単語はGoogleなどの検索エンジンで調べている人も多いかと思いますが、内蔵辞書を使ったほうが手間が少ないですし、簡単な調べ物なら十分間に合います。ナニゲにお勧めの機能なんです。

140318_moro_dic

 ちなみに、この機能の本体は「辞書」アプリとして「アプリケーション」フォルダーに入っています。ダブルクリックして開いてみましょう。

140318_moro_dic

 これが「辞書」のインターフェースです。使い方は、検索欄に文字列を入力するだけ。4種類の辞書をすべて検索することもできますし、特定の辞書を指定することも可能です。もっとも、わざわざこのアプリを立ち上げるくらいなら、Googleなどで調べたほうが早いかもしれません。やはりコンテクストメニューを利用するのがお勧めです。

 OS Xの辞書機能のよいところは、アプリを立ち上げる必要がないことと、Wikipedia以外はオフラインでも使えることです。地味ですが、けっこう役に立つので、覚えておくといいですよ。


 * * *
 

 さて、好評発売中のMacPeople 4月号では、Macintosh30周年特集第2弾として、Macintosh PortableやPowerBookなど、歴代ノート型Macをたっぷり紹介しています。第2特集では、MacやiOSデバイスで採用されているプロセッサーやメモリー、Thunderboltインターフェース、SDといった各種ハードウェアの最新テクノロジーを20ページにわたって解説。そのほかにも、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、じっくりと楽しめる特集をラインアップしています。

4月号はPortableと両Airが目印
MacPeople 4月号(2月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

 また、1号前の3月号では、Macintosh 30周年記念の第1弾として、初代Macintoshから始まる各種デスクトップ型Macの歴史を紐解いていきます。もちろん、68K MacだけでなくPowerPC搭載のiMacやPower Mac、インテルCPU搭載マシンを含む一体型、デスクトップ型すべてです。そして第2特集では、最新のMac Proを詳しく紹介。この2つの特集記事だけで80ページ以上もありますよ! 4月号と併せて、保存版として持っておきたい1冊です。

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!