2014年03月16日16時30分

iPhone6は389ppiのUltra Retina!Apple噂まとめ(3/9〜3/15)|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 国内外の噂系サイトで3月10日から3月15日までに出回った内容をまとめました。iPhone6はすでに製造が始まっており、組み立てを請け負う台湾フォックスコン社では3月中に300万台程度をリリースするそうです。来週以降には、完成品の画像が流出する可能性がありますね。

 また、iPhone6に搭載されるiOS8の詳細も明らかになってきました。なんと「プレビュー」アプリがOS XからiOSに移植させるそうです。OS X版のプレビューは、PDFのほか各種画像ファイル、Office/iWorkファイルなどを開けるほか、PDF/画像ファイルについては編集も可能です。このiOS版が登場すれば、とりあえずiPhoneでファイル内容を確認することが簡単になりますね。 

 そのほかMacについても、Haswell Refreshと最新チップセットのリリース日が確定したそうで、次期iMacは5月以降にリリースされるようです。

3/10 Apple A8の製造はサムスンとTSMCでキマリ?
Apple Insider(外部サイト)によると、iPhone6に搭載される見込みのApple A8プロセッサーは、韓国サムスン電子社と台湾TSMC社が製造を請け負うそうです。ZDNet Koreaの情報です。サムスンの米テキサス州オースティン工場では、量産前の最終テスト段階にあるとのこと。Apple A8の製造はTSMC独占という噂もありましたが、最終的には2社からの供給ということで落ち着いたようですね。

3/11 iOS7.1でアプリの実行速度が10〜30%向上
ArsTechnica(外部サイト)によると、iOS7.1ではアプリの実行速度が向上しているそうです。アプリアイコンをタップしてから実際にアプリの起動が完了するまでの時間が10〜30%短縮されているとのこと。特にiPhone4ではその効果が顕著のようです。インドやブラジルでiPhone4が、ソフトバンクなどがiPhone4Sを再販売している状況を踏まえたバージョンアップなのかもしれませんね。

3/11 Haswell Refreshは4月14日発売でiMacも5月ごろ?
VR Zone(外部サイト)によると、米インテル社はデスクトップ向けCPUのアップデート版である「Haswell Refresh」を4月14日に発表するそうです。同CPUシリーズに対応する9シリーズのチップセットファミリーである「Z97」「H97」も、5月11日の発表となっています。これを受けて次期iMacは5〜6月にリリースされる見込みが高いようです。iMacはLate2013モデルの登場から半年以上が経過するタイミングなので、この予想が当たる可能性は高いのではないかと思われます。

3/11 フォックスコンが3月中にiPhone6を300万台生産
EMSOne(外部サイト)によると、台湾フォックスコン社がiPhone6を3月中に300万台完成させるとのこと。同社の2月の営業収益(売上高)は約8860億円で、前月比で17.14%減、前年同期比で10.88%増だったそうです。

3/12 iOS8で「マップ」アプリに乗り換え案内が加わる
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、iOS8の「マップ」アプリには自動車と徒歩に加えて、電車の経路検索機能が加わるとのこと。iOS6で「マップ」アプリがApple純正になったあとは、電車の経路検索は「マップ」からほかのアプリに検索結果を受け渡すという仕組みで実現していました。iPhoneでも、「Googleマップ」並みの利便性がようやく加わりますね。

3/12 Office for Macは年内リリース
Mac Rumors(外部サイト)によると、米マイクロソフト社はOffice Macの最新版を年内にリリースするそうです。独ハノーヴァーで開催されている「CeBIT 2014」で、ドイツ法人のOffcie部門トップが示唆したとのこと。現在の最新バージョンは2010年にリリースされたOffice for Mac 2011です。

3/12 iTunes Radioが単独アプリ化、ワールドワイドでサービス開始
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、iOS8では「iTunes Radio」サービスを提供する単体のアプリが用意されるようです。iTunes RadioはAppleが一部地域で提供中の音楽ストリーミングサービスです。過去には、大学の講義内容を収録したポッドキャストが「iTune U」という単独アプリになったこともありますね。iTunes Radioは日本国内ではサービスが始まっていませんが、単独アプリ化することでサービスが受けられる国や地域が増えるかもしれませんね。

3/12 OneNote for Macが登場
The Verge(外部サイト)によると、米マイクロソフト社はノートアプリの「OneNote」のMac版をリリースする予定とのこと。ひと言でいうとEvernoteのマイクロソフト版みたいなもんです。iPad版の登場も近いようです。

3/13 AirPlayがWi-FiだけでなくBluetoothでの接続可能に
Apple Insider(外部サイト)によると。Apple TVのファームウェアを最新版の6.1にアップデートすることで、BleutoothによるAirPlayが可能になるとのこと。iOSデバイス側もOSのバージョンは7.1が必要です。

3/13 Office互換アプリのiOS版が無料で登場
CNET(外部サイト)によると、中国キングソフト社がMicrosoft Office互換のオフィススイート「KINGSOFT Office」のiOS版をリリースするとのこと。iOS版は、本家Officeのよりも早くでてきましたね。

3/13 iOS7.1で指紋認証が使えなくなる?
iDownloadBlog(外部サイト)によると、iOS7.1にアップデートしたiPhone5sで指紋認証がうまく機能しない問題が発生しているとのこと。センサーが無反応になるほか、認証機能のオン/オフやシステムの再起動などでも問題は解決しないとのこと。

3/14 iWatchサプライヤーチェーンがほぼ確定
EMSOne(外部サイト)によると、Appleが開発中のウェアラブルデバイスであるiWatchのサプライヤーチェーンがほぼ確定したそうです。組み立ては、台湾のクアンタ・コンピュータ社、 インベンテック社が請け負うそうです。

3/14 iOS8で、「プレビュー」「テキストエディット」アプリが登場
MacRumors(外部サイト)によると、iOS8には「プレビュー」「テキストエディット」などOS X由来のアプリが移植されるそうです。そのほかiWatchと連動すると考えられる「Healthbook」というアプリも加わるそうです。OS Xのプレビューは多種多様なファイルフォーマットを開ける汎用ビューアーとして進化していますので、この機能がiOS版でも使えるとなるとiPhoneで受信したメールの添付ファイルを読めないという事態もだいぶ避けられるかと。

3/14 Apple A8のパッケージングは台湾メーカーが請け負う
EMSOne(外部サイト)によると、Apple A8のパッケージングは米アムコア社が第1サプライヤーとなるそうです。第2サプライヤーは台湾ASE社だそうです。ただし、ASEは廃水の違法処理問題で高雄K7工場が操業停止していることから、Appleからの発注規模が変わる可能性もあるとのこと。

3/14 トヨタのCarPlay対応車は2015年ではない?
CNET(外部サイト)によると、トヨタは2015年に自社の自動車をCarPlayに対応させるという公式ブログの情報を更新し、対応時期は不明と表明しました。2014年内にホンダが対応車種を出すことが明らかになっていますが、トヨタはパートナーシップを結んでいるだけなので、まだ様子見ということかも。

3/14 OS X 10.9.3の新ビルドがリリース
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、AppleはOS X 10.9.3を開発者にリリースしたとのこと。ビルド番号は13D17です。フォーカスエリアは、グラフィックドライバとオーディオとなっています。

3/14 iOS7.1でバッテリーの消耗が激しい場合の対処方法
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、iOS7.1にアップデートした一部の機種でバッテリーの消耗が早くなるという不具合があるそうです。iPhoneの復元でこの問題が解決することもあるそうです。

3/15 iPhone6のCPU性能は5sの倍!? 液晶は389ppiのUltra Retinaに
ソニー・ディクソン氏(外部サイト)によると、iPhone6は、2.6GHzのApple A8プロセッサーを搭載し、液晶パネルは389ppiのUltra Retinaと呼ばれる解像度を採用するそうです。さらに、本体の厚みは従来の7.7mmから5.5mmに薄くなるそうです。プロセッサーのクロック周波数もiPhone5sの1.3GHzから倍増していますので、さらなる高速化が期待できますね。発売は秋頃とのこと。

3/15 iOS8ではGameCenterが廃止される?
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、iOS8では、「GameCenter」アプリが廃止される可能があるそうです。そのほか、通知センサーの表示が「今日」「すべて」「未確認」の3つから「今日」「通知」の2つに絞り込まれるそうです。アプリ間のデータ共有に関連するAPIが追加され、連携がよりシームレスになるそうです。「メッセージ」アプリでは、メッセージの自動消去機能が加わるそうです。

3/15 iOS版Microsoft Officeは間もなくリリース
ロイター(外部サイト)によると、米マイクロソフト社でiOS版Officeのリリース準備が整っているそうです。リリースタイミングは、新CEOのサティア・ナデラ氏に委ねられているとのこと。

 さて、好評発売中のMacPeople 4月号では、Macintosh30周年特集第2弾として、Macintosh PortableやPowerBookなど歴代ノート型Macをたっぷり紹介しています。そのほか、2014年知っておきたい最新テクノロジー解説、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、じっくり楽しんでいただけること間違いなしです。

4月号はPortableと両Airが目印
MacPeople 4月号(2月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

 またMacPeople 3月号では、Macintosh 30周年を記念した特集記事を組んでいます。初代Macintoshのさまざな写真はもちろん、SE、SE/30、Color ClassicなどのコンパクトMac、Macintosh IIやIIci、IIsi、IIfx、LC475などのセパレート型Macの驚愕のテクノロジーをひも解いていきます。もちろん、68K MacだけでなくPowerPC搭載のiMacやPower Mac、インテルCPU搭載マシンを含む一体型、デスクトップ型すべてです。そして第2特集では、最新のMac Proを詳しく紹介。この2つの特集記事だけで80ページ以上もありますよ!

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック

【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円で読めます

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!